レコーディングダイエットで失敗しない3つの方法

sponserd link

こんにちは☆

レコーディングダイエットで50㎏痩せた管理人の「ほし」です。
今までレコーディングダイエットについて結果と考察(食べた物と運動したこと等)しかアップして
なかったので僕のことを少し紹介します!!

 

私は生まれつき心臓が悪く当時は「長生きはできないでしょう。」と医者に言われたそうです。
ですが、医者の言葉とは裏腹にすくすく育っていきました(笑)

幼少期は自分で言うのもなんですが超が付くほど可愛らし男の子でした。
地元の新聞で「可愛い赤ちゃんグランプリ」で2年連続優勝!!
お年寄りや小学生までファンもいた程でした。
もちろん記憶にはありませんが、2歳の頃が私のモテ期絶頂期です(笑)

そして何があったのでしょう??
物心つく頃にはすでにTHE・おデブになっていました。
原因は外で走り回って遊ぼうとする私をお菓子でつってなだめていたから(家族談)

それから3歳から21歳まで私はおデブキャラとしての地位を確固たるものにしていきました(*´▽`*)

そして21歳の時に私に転機が訪れました。
平日にTVを観ていると徹子の部屋に
「岡田 斗司夫」さんという方が出演していました。
何気なく観ていると岡田さんご自身がレコーディングダイエットで痩せられたことを紹介されてました。

岡田としお

 

「これは、凄い!!」と思った私は133㎏の巨体でチャリにまたがり本屋に走りました。
目的は岡田斗司夫さんが出した「いつまでもデブと思うなよ」という本の購入です。

いつまでもデブと思うなよ

 

今までいくつものダイエットに失敗してきていた私でしたが今までにない
インスピレーションというか第六感というか
とにかく「ピン!!」どころでない
ピピピピン!!!!!」ときました。

それから私の人生を変えるダイエットが始まり
8カ月で50㎏痩せました(^◇^)

 

それから数年が経ち、年を重ね小金を持つようになり
付き合いと仕事での運動不足、代謝の低下、何より結婚してからの幸せ太りから徐々に太ってきたので
気持ち新たにレコーディングダイエットをしてる次第であります!!
20代前半の頃との違いの発見だったり、改良を加えながら楽しく減量しています。

そこで私が50㎏痩せた時と今のレコーディングダイエットの
成功談・失敗談を踏まえながら
失敗しないダイエット方法を紹介していこうかと思います(^_-)-☆

 

 

 

 

①いきなりカロリー制限をしない

最初は早く痩せたいが為に、かなりきついカロリー制限をしていきなりカロリーを付けていく人が
いますが、いきなり始めると正直面倒くさいと思います。
そして、レコーディングダイエット自体がストレスとなり辞めてしまう人がほとんどだと思います。

それだと折角のダイエットのチャンスを自分で潰してしまうことになるので

私自身は最初の2週間は体重・体脂肪率・食べた物と量だけ

そして、次の2週間は体重・体脂肪率・食べた物と量・カロリー

を付けていきました。
つまり1カ月はカロリー制限をしていない事になります。

因みにデブだった頃の私の1日の摂取カロリーの平均は4000㌔カロリーでした。

ようやくダイエット開始から2ヶ月目にカロリー制限を始めました
私は岡田さんが1600㌔カロリーでダイエットをされてたので同じカロリーで
ダイエットしましたが・・・・
はっきり言ってこれは失敗でした(泣)

ダイエットしていた時は痩せる楽しさで何も気にしてなかったのですが
設定(摂取可能)カロリーが1600㌔カロリーは低すぎました。

髪は細くなり髪の毛は伸びませんでした。
肌荒れで常に手の甲には血が滲んでいて
何より便秘がひどく1週間から10日に1回しかお通じがありませんでした

設定カロリーは各個人の生活強度・年齢・性別で違いますが

目標体重✖25=設定カロリー

と言われます。

まずはこれでカロリー設定をしてみてカロリー制限してみてはいかがでしょうか??
そして、無理に低すぎるカロリーの設定をせず基礎代謝分のカロリーは摂取しましょう。
これは健康的に痩せていくためにも最低必要なカロリーだからです。
今は一般的な体重計で簡単に測ることができます。

慌てず無理せずが長く続けるコツです。
まずは食べた物を記入する癖をつけましょう。

修造

 

 

 

 

②カロリーの記入に嘘をつかない

さあ、食べた物を記入することに慣れてきたら
いよいよカロリー制限をして本格的なレコーディングダイエットの始まりです。

しかし、絶対にやってはいけない!!
このダイエットを失敗に又は無に帰してしまう暴挙

食べたカロリーの未記入でごまかす。

希望的観点でカロリーを付ける。

これは絶対にしてはいけません!!
絶対太ります。
少なくても痩せません

 

 

例えその日カロリーオーバーしようとイイんです!!
こんなに美味しい物が溢れる日本でそりゃ食べ過ぎることもあるでしょう。
付き合いで飲みいくことも
悲しい事、嫌な事でドカ食いすることもあるでしょう。

そんな時はもう仕方ない。
「明日からまた頑張ろう。」
と、思って次の日から頑張ればイイんです。

カロリーをいつもより抑え気味にしてウォーキング等の運動するなり
リカバリーしたらイイんです。

「やっちまったー!!もう自分はダメだーー。」
と、悲観しなくて大丈夫!!
たった1日カロリーオーバーしたからといってあなたが今までやった事が無駄になることは無いんです。

例え3日坊主でも10回繰り返せば1カ月ダイエットしたと同じなのです

理想はずっとカロリー制限を続ければ1番早く理想の体重になれる事は明白ですが
そんなに気張らずとにかくやってみましょう。

ただ、何度も言いますが

嘘のカロリーをつける=自分に嘘をつく

ということなので、全て自分に返ってくるだけです。
嘘だけは絶対やめましょう。

 

ダメ

 

 

 

 

 

③人の言うことは基本無視

こう言うと私がヒドイ奴みたいになりますが(笑)
結構基本無視です。

あなたがダイエットをしていると知ると、良かれと思って周りの人が色々なアドバイスをしてくれます。

「有酸素運動が・・・」
「筋トレが・・・」
「酵素が・・・」
「ミネラルが・・・」

等と色々言われるでしょう。
実際、TVや雑誌でダイエット情報は日々新しいものが紹介されています。
もちろん全て出来れば理想なんでしょうけど
スーパー健康志向じゃないとそれは無理でしょう(笑)

それに、そんな事全て出来ていれば私も含め誰も太ったりしていません(*´з`)
まずはカロリーを付けることを徹底的にやって
それから、運動なり栄養なり出来ることを増やしていっても遅くはありません。

そういう意味で人の言うことは基本無視なのです。

基本無視で絶対無視ではないのでアドバイスを聞き入れる事もあります。
今現在私が運動やプロテインの飲み方などアドバイスをもらっている同僚T君がいます。

何故アドバイスをもらってるかと言うと
このT君は幼少の頃から柔道一筋で強くなることだけを考えて生きてきました。
そこには如何にして身体を大きくするか・引き締めるか・無駄をなくすか等の考えも含まれるとか(笑)
ただ、言葉だけでは私も話しを流すのでしょうけど
このT君30歳前でご飯は丼で腹一杯食べ、ローソンのドーナツを朝と深夜毎日食べているにも関わらず
お腹はまだまだ6パックを維持しています。

体質で太りにくいとも考えられるかもしれませんがT君は人並に太りやすい体質なのです。
本人曰く
「色々なプロテイン・栄養・運動(格闘技の訓練含む)を試して来たから何がどう効果的か分かる」
とのこと。

そんな彼だからこそ私は素直にアドバイスが聞けます。
実際停滞期の壁を早めに突破できたのは彼のおかげだと思っています。

アドバイスを聞くのは
ダイエットに成功していたり、自分の理想とする体型を何かしらの努力で維持してる人
に限定しましょう。

まずは自分の出来ることから始めましょう。
色々な人の意見を取り入れ過ぎて自分がパンクしちゃったら本末転倒。

カロリー計算がある程度出来るようになってから
出来そうな運動や栄養バランスを考えていきましょう。

090128_1914~0001

090128_1914~0001

 

⇒糖質制限ダイエットについての詳しい記事

 

 

 

まとめ

長々とお付き合いありがとうございます(´▽`*)
今日は私の経験をふまえたレコーディングダイエットを失敗しない方法を紹介させていただきました。

私がレコーディングダイエットを始めた頃は
まだレコーディングダイエットが有名どころか周りの人も全然知らない頃だったので
今のようにカロリーを付けたりできるレコーディングダイエット用のアプリがなかったので
1から食材のカロリーを調べてノートに書いていました。
ですが、今は様々なアプリがあるので調べてみてはいかがでしょうか?
きっとあなたが1番使いやすいアプリが見つかるはずです(*’▽’)

因みにカロリーを付ける時は「ZERO app  楽々カロリー」を使って
カロリーを調べる時は「カロリーSlism」を主に使ってます。

正直私が言いたかったことは
自分に嘘をつかず無理しないで、そんなに気を張らず頑張りましょう。
ってことに尽きます(笑)

少しの努力で大丈夫!!
あなたは必ず痩せられます(^▽^;)

Woman measuring her waistline. Perfect Slim Body

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る