ちょい足しダイエットで代謝を上げる!オススメ食材とは??

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は3月17日放送の「バイキング」で紹介された
伊達友美式ちょい足しダイエットについて紹介したいと思います!

伊達友美

「大盛りご飯を食べても痩せる技術」など多くのダイエット本を出版し
5000人以上の食事指導をされてきた

伊達友美さん曰く
「9割の女性ダイエッターは食事制限をするが
脂肪を燃焼するのに必要な栄養素が足りなくなってしまう。
逆に痩せやすい体を作る為には
足りない栄養をプラスした方が良い。」

とのことです。

 

もちろん
むやみに制限するのは良くないですが
食べて痩せやすい体になるのは嬉しい限りですよね。

一体何に何をプラスしたら良いのでしょうか??

 

 

オムライス
子供も女性も好きな人は多いのではないのでしょうか??
そんなオムライスにちょい足しする食材はパセリ」

パセリ

パセリって食べずに彩の物って思ってましたが

オムライスは炭水化物に偏るので
パセリをちょい足ししてミネラル(バナジウム)を補給すると
脂質・糖質の代謝を上げてくれるので脂肪になりにくい効果があり

量的には2房 又は ペットボトルのふた2杯分が適量ですが
パセリ自体苦いので苦手な人は
刻んで料理と一緒に炒めたり・乾燥パセリでもOKだそうです。

 

オムライスだけでなく炭水化物のメニュー全般に同じ効果があるとのこと。

 

代用食品:ほうれん草・そば・大豆もバナジウムを含んでいます。

 

 

おでん
まさしく単品で食べがちなおでんですが
おでんにちょい足しするのは「おにぎり」

おでん

まさかの組み合わせで逆に太りそうですが

 

おでんは炭水化物が不足しているので
太る原因になるそうなんですが
代謝に必要なエネルギー源である炭水化物をちょい足しした方が良いので
最低限の糖質は痩せるには必要だそうです。

また、海苔で食物繊維を補うと
血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。

 

オススメ具材は昆布や梅干し。
更にオススメは玄米おにぎり。

 

ただ、ちくわぶは小麦粉だけで作られており
小麦粉は代謝を下げるのでダイエット中は避けるのがベター!!

 

おでんの具材は
動物性タンパク質である
たまご・つみれ・さつま揚げ・はんぺん

植物性タンパク質
がんもどき・厚揚げ・豆腐

これらを中心に食べましょう。
できたら動物性7 : 植物性3の割合で食べるのがベスト。

おでん2

食物繊維である
大根・白滝・昆布・こんにゃく

これらを中心で食べちゃうとタンパク質が摂れないので意外と太る原因に。

 

 

サラダ
ダイエットには欠かせないサラダの味付けは「マヨネーズ」

サラダ

サラダにはタンパク質が不足しているので
マヨネーズで卵のタンパク質を摂取すると筋肉量を増やして代謝アップしてくれます。

生野菜に油をプラスすることで
体を冷やしてしまう効果を軽減してくれます。

ただし、メニューにお肉などのタンパク質がある場合は
マヨネーズは控えましょう。

 

 

パンケーキ
パンケーキにかけるソースで太りにくいのは「チョコレート」

パンケーキ

これは本当に太りそうですが

チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれており
血糖値の上昇を緩やかにする
血流を良くして代謝アップ
満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑える

これらの効果があるのでチョコレートソースがオススメとのこと。

 

 

おつまみ
お酒のお供ににオススメのおつまみは

①ビーフジャーキー
赤身肉から作られているので動物性タンパク質が豊富です。

②魚肉ソーセージ
DHP・EPAなどの良質な油が摂れます。

③アーモンドフィッシュ
小魚とアーモンドでマグネシウム・ミネラル・カルシウム・タンパク質など
多くの栄養素が摂れます。

 

⇒伊達友美さんのファイブハンズダイエットについての詳しい記事

 

 

まとめ
皆さんいかがだったでしょうか??

ダイエットには減らすが当たり前と思ってましたが
ちょい足しで栄養素を足すってことも大事なんですねぇ。

適度な運動とプラスするとより効果的にやっていきましょう(*^-^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る