太らない食べ方の方法は?時間や量を気にしないコツとは?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は太らない食べ方について紹介したいと思います!

食べ過ぎ

最近ダイエットは
「やるものではなく、習慣にするもの!!」

このような考え方が増えてきています。

 

つまり
「〇ヶ月で痩せる」 「〇〇までに・・・」
ではなく

習慣化してしまって一生太らない体を作ることが1番の早道とされています。

 

今回紹介するダイエット方法(というより習慣?)は
今までのダイエット方法と違って

右脳と左脳を使って習慣化する方法です。

詳しく紹介していきますね。

 

 

右脳で食べる

本来人間の体には「お腹が空く」というセンサーが備わっていて
それは右脳で感じます。

しかし
仕事やストレスで不自然な食習慣が身に付いてしまった現代人は
左脳で食べてしまうので太るとされています。

頭抱える

つまり

右脳で食べる = 本当の空腹感や満腹感で食べるので太らない

左脳で食べる = 偽の空腹感や満腹感で食べるので太っていく

 

ということなのですが

言われたところで難しいですよね(笑)

 

そこで
右脳で食べる習慣をつける5つのステップを紹介します。

 

 

①お腹が空くまで食べない

「当然だろ!」と思われるかもしれませんが
今の現代人はなかなか出来ていません。

空腹というものは食後5時間ほど経つと自然と感じるものですが

炭水化物やスイーツなどを食べた後は
2~3時間で偽の空腹感を引き起こすので

十分にお腹が空いたら食べることを心掛けましょう。

 

 

②集中して食べる

これはよく言われる「ながら食べ」をしないということ。

ながら食べ

TVやスマホなどをしながら食事をすると
満足感が得られにくく食べ過ぎの原因に。

早食いは当然NGですが
実は30分以上かけて食べるのも満腹を感じにくくなるのでNG。

食事は集中して20~30分かけて食べましょう。

 

 

③お腹一杯になるまで食べない

お腹パンパンになるまで食べるとカロリーオーバーになりますし
次の空腹感が感じなくなることもあります。

やはり基準は腹八分目!!

腹八分目

腹八分目とは
「まだ食べれるけど、さっきの空腹感はないな。」
ってところが基準です。

残す勇気も持ちましょう。

 

 

④食べることを趣味にしない

出掛けた先などで
「珍しい」 「新しい」
ってことで食べるのは左脳で食べている証拠!!

食べること以外の趣味を持ち
痩せたご褒美は
エステや旅行・洋服など自分磨きに使うとGOOD。

因みに
ドカ食いでのストレス解消は医学的根拠はないそうです(笑)

 

 

⑤赤・黄・緑で食事をコントロール

黄・赤・緑とは

赤 ⇒ 赤身肉・魚・卵・大豆
    美や健康の材料になるもの

黄 ⇒ ご飯・パン・油
    体の燃料になるもの

緑 ⇒ 野菜・果物・海藻
    体の働きを調整するもの

この3種類に分けた食材のこと。

食材

お腹があまり空いていないなら赤と緑の食材だけ。

お酒を飲むなら黄は食べない。

お腹が空いたら黄を先に食べる。

このようにグループ分けしとけば調節もしやすくなります。

 

⇒脳トレダイエットについての詳しい記事

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

ダイエットも良いですが
太らない習慣作りも視野に入れてみては(#^^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る