ウォーキングの効果的な方法や時間は?歩き方で足痩せやアンチエイジングも?

ウォーキング
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は効果的なウォーキングについて紹介したいと思います!

ウォーキング

ウォーキングは老若男女問わず誰でも出来る運動ですが

ただダラダラ歩くより
早歩きをすると様々な効果があると言われています。

ダイエット効果

筋力増強=代謝アップ

体力向上

認知症予防

アンチエイジング効果

生活習慣病予防   など

こんなにも嬉しい効果があるのですが
さらに効果を上げてくれる歩き方は

ON&OFFウォーキング!!

やり方を間違えると効果が減少してしまいますので
色々紹介していきますね。

 

 

ON&OFFウォーキングとは?

早歩きと言っても
ずっと早くあるくのはなかなかキツイですよね。

ON&OFFウォーキングとは
3分の早歩き(息が上がる位)と3分の普通の歩きを交互に行う
ウォーキングのこと。

出勤

このウォーキング方法であれば
わざわざ家に帰ってウォーキングしなくても朝晩の出勤中にやれるのでオススメです。

 

このウォーキング方法で6000人の男女を対象に
6分1セットを週で20セットの実験を行ったところ

5ヶ月で

体脂肪率が約3%減少

太ももの筋力が約13%上昇

血糖値が約3%減少

老化促進遺伝子の抑制

このような結果が出ており
ダイエット効果や足痩せ効果とともに
生活習慣病予防やアンチエイジング効果まで実証されました。

 

信州大学の教授曰く

通勤の往復時に2セット(12分)ずつであれば
週5日でOKだそうです。

 

 

ON&OFFウォーキングの方法

ON&OFFウォーキングで効果を出すコツは

全速力の7割以上のスピード(全速力可)

早歩きの週の合計が1時間以上(3分にこだわらなくても良い)

大股で歩く

これらを踏まえたうえでポイントを紹介していきます。

ガッツポーズ

 

 

①背スジを伸ばして遠くを見る
足元を見ると猫背になり姿勢が乱れるし
大股で歩くには背スジを伸ばす必要があります。

頭を上げて25ⅿほど先を見るつもりで歩くと背スジが伸びます。

 

②肘は直角に曲げて後ろに引くイメージで
肘は直角に曲げて前後に大きく振ることによって

大股で歩きやすくなるし
バランスとリズムがとれて腰を痛めにくくします。

また、上半身の筋力アップ。

腕を大きく振るには
前に出すことより後ろに引くイメージが大切です。

 

③大股でかかとから着地
かかとからの着地を意識すると自然と大股に歩けて

大股歩きするために
下半身に集まる大きな筋肉(全身の約60%)が動員されて

筋力がアップしやすくなり
より早く代謝アップ効果が期待できます。

 

④バックはバランス良く持つ
肩からかけるバッグの場合
長い時間片方だけにかけていると姿勢の歪みの原因になります。

1セットごとに持ち替える工夫をしましょう。

1番ベストはリュックタイプです。

 

効果が出るまでには
だいたい5~6ヶ月かかると思われます。

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

痩せる為であっても運動する時間を家に帰って確保するのは
正直ダルイし面倒ですよね。

ON&OFFウォーキングであれば
出勤時間でできてしまうのでオススメです(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る