腸活ダイエットの方法は?小林弘幸おすすめの食べ物も紹介!

腸活
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は腸活ダイエットについて紹介したいと思います!

腸活

腸活ダイエットを推奨するのは

9年半待ちだという日本初の便秘外来を開設した腸のスペシャリスト
「小林 弘幸先生」。

 

腸活ダイエットは2週間ほどで腸内の血流や自律神経のバランスが変わり
腸内環境が変化します。

また、毎日完璧にやろうとするとストレスになり
腸の動きを活発にする副交感神経の働きが弱まります。
できない日があってもOKですが

朝食は腸を動かす刺激+朝がきたことを知らせるサインになるので
サラダなど軽いものでもいいので必ず取りましょう。

朝の運動は腸にとって大変良いことですが
忙しい朝に無理にしようとすると
これもストレスに。
通勤時などに階段を使うなど簡単な運動でOK。

このルールは守りつつ
朝起きてから順番に行っていく腸活ダイエットの方法を紹介していきます。

 

 

①朝イチはコップ1杯水を一気飲み

便秘解消としては定番かもしれませんが
実はこの方法にも飲み方や飲む量にルールがあるんです。

水

起床したらコップ1杯の水(約200~250㎖)を一気飲みします。

一気飲みすることで
水が胃に入って、水の重さで大腸の上部が刺激されます。

そうすると腸が蠕動運動を始め動きが活発になり
お通じが出やすい状態になります。

飲むものは水以外でも
野菜やフルーツジュース・牛乳・スムージー・青汁などでもOK。

一気飲みができるなら温かい水分でもかまいません。

 

 

②腸活ストレッチ

特にオススメは「体をひねるストレッチ」。
体を捻ることによって大腸に直接的な刺激を与えます。

ウエストひねり

ウエストひねり

 

片膝を立てて曲げて、もう片方の膝は内側に曲げます。
立てて曲げた膝の方向に体を捻って10秒キープ。

反対側も行います。

 

腸つかみ腰回し

腰回し

左手で鎖骨の下、右手で骨盤のすぐ上の所を掴み
足は肩幅に開きます。

腰をゆっくり・大きく8回回し、逆側にも回します。

 

 

トイレで足首タッチ

足首タッチ

便座に浅く腰掛け、足は肩幅に開く。
右手は左足首・左手は右足首にタッチします。

左右各5回ずつ。

 

 

③オイルを摂る

朝食前にスプーン2杯分のオイルを摂ります。
量が少ないと腸に届かず
胃に吸収されるのでスプーン2杯は摂りましょう。

オイルが潤滑油の役割をして排便をスムーズにしてくれます。

オイル

おすすめのオイルは

小腸を刺激してお通じを良くしてくれる「オリーブオイル」

血液をサラサラにして、生活習慣病を予防する「亜麻仁油」

 

そのまま飲むのが苦手であれば
ヨーグルトやサラダにかけてもOK。

 

 

④乳酸菌+食物繊維を摂る

朝食では
善玉菌を増やしてくれる「乳酸菌」

便のカサ増し・腸を活性化させる「食物繊維」

両方を同時に摂るのがおすすめ。

フルーツヨーグルト

乳酸菌
味噌・納豆・ヨーグルト・チーズ
漬物・甘酒・キムチ

食物繊維
キノコ類・果物・ゴボウ
いんげん豆・オクラ・人参

このような物に含まれていますので
フルーツヨーグルトやキノコの味噌汁など

アレンジして一緒に朝食として摂りましょう。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

朝から行う腸活。
是非やってみてください(#^^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る