ココナッツオイルダイエットの方法や効果とは?レシピも紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はココナッツオイルダイエットについて紹介したいと思います!!

ココナッツオイル

ココナッツオイルオイルは
色々なメディアで紹介されると他のオイルや油以上に
人気食材になりました。

何故こんなにも人気が出たのでしょうか??

 

オリーブオイルやごま油などには含まれていない
「中鎖脂肪酸」という脂肪がつきにくい成分が
ココナッツオイルには含まれています。

中鎖脂肪酸が含まれていることによって
他のオイルや油と比べて、より早くエネルギーに変わるため
脂肪がつきにくいというわけです。

 

ただし、普段の食事から肉を多く摂取している人が
毎朝スプーン1杯でもココナッツオイルを飲んでしまったら
脂質の摂りすぎになってしまいます。

夜の食事を野菜中心のメニューに変えて
野菜と一緒にココナッツオイルを摂るのであれば効果的。

 

栄養面だけでなく
加熱しても劣化しにくいと言われるココナッツオイルの
特性を活かして調味料として
料理に取り入れていきたいですね。

 

 

特性と上手な使い方

ココナッツオイルが優れていると言っても使い方を間違えれば大変なことに!!
ココナッツオイルの特性と上手な使い方について紹介しますので
これを参考にしてダイエットをやってみてください。

喜ぶ

1食小さじ1が目安
いくら脂肪が付きにくいとはいっても
脂質の摂りすぎはNG。

1食につき小さじ1(約37㎉)を目安に。

 

加熱に強い
加熱しても酸化しにくいので
強火で炒めたり ・ 長時間煮込んでも大丈夫。

揚げ物の油としても繰り返し使えます。

 

 

ドレッシングには向かない
ココナッツオイルは25℃以下で固まってしまうので
冷たいサラダや冷製の料理には使わないようにしましょう。

 

動物性の食べ物とは一緒にしない
動物性食材と同じ飽和脂肪酸を80%も含んでいるので
一緒に食べると過剰摂取になります。

野菜や豆類と合わせましょう。

 

エスニック料理として使おう
最近では香りが少ないココナッツオイルも販売されていますが
特有の甘い香りはなかなか和食と合わせるのは難しいです。

逆にエスニック系の料理だと
独特の香りのおかげで本場っぽい味になります。

 

 

レシピ

ダイエットにも使えるココナッツオイルを使った料理を紹介します。

タブレットを見ながら料理をする女性

 

ほうれん草とカッテージチーズのカレー 156㎉

【材料 (1人分)】

ほうれん草  80g

水     1/4カップ

ココナッツオイル  小さじ1

クミンシード   小さじ1/2

鷹の爪    1本

玉ねぎ(みじん切り)  1/4個分

ニンニク(みじん切り)  1/2片

生姜(みじん切り)   親指大1/4本分

カレー粉    小さじ1

固形コンソメ   1/2個

ナンプラー   小さじ1/2

水    1/2カップ

黒胡椒   適量

カッテージチーズ(裏ごしタイプ)  50g

生姜(千切り)   少々

 

【作り方】

①ほうれん草は熱湯で茹でて、冷水に取る。
水気を取ってざく切りにしたら、水1/4と一緒にミキサーでピュレ状にする。

②フライパンにココナッツオイルを入れて強火にかけて
クミンシード・鷹の爪を加えて炒める。

③香りが出てきたら玉ねぎ・ニンニク・生姜を加えて
玉ねぎが薄く色づくくらいまで炒める。

赤文字の材料と①を③に加えて水気が減って、とろみが出るまで
20分ほど煮つめる。

⑤器に盛ってカッテージチーズと生姜(千切り)を添える。

 

⇒MCTオイルダイエットについての詳しい記事

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

ココナッツオイルの香りが気にならないのであれば
是非参考にしてみてください(^_-)-☆

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る