ライスミルクの作り方や栄養は?ダイエット効果も気になる!

ライスミルク
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はライスミルクについてを紹介したいと思います!!

ライスミルク

牛乳と比べても
低カロリー・低脂肪・コレステロール0と3拍子揃っている
ヘルシードリンク。
海外ではすでに広く知れ渡っており
日本でも新しいダイエット食材として密かに人気を集めています。

牛乳はコップ1杯で約134㎉ありますが
手作りのライスミルクだと約半分の66㎉。
しかも脂質もごくわずか。

夏バテをするとなかなか食事が喉を通らず
体力を回復させるのが難しいですが
ライスミルクであればサラッと飲めて栄養を補給できます。

 

 

ライスミルクの作り方

今回紹介するレシピでは栄養価の高い発芽玄米を使いますが
特にお米の種類に指定などはありません。

白米や玄米・雑穀米や酵素玄米などでも同じようにできるので
普段食べ慣れているものから試してみましょう。

お米

【材料】

発芽玄米  50g(あらかじめ炊いたもの)

水   250㎖

水の量はお米の5倍の量を準備します。

 

【作り方】

①発芽玄米と水をミキサーに入れます。
お米は炊きたてよりも、冷めた残りご飯の方が粘りは出ません。

②米粒の形がなくなり、サラッとなめらかになるまで
約1分半を目安にミキサーにかけます。

③コップに注ぐ。
ひと口飲んで物足りないようであれば塩をひとつかみ足してもOK。

 

 

ミキサーさえあれば
ご飯が残った時なんかにすぐできます。

そのまま飲んだり
コーヒーにミルクの代わりにしたり
温めるととろみが出るので
シチューやクラムチャウダーに入れたり

えごま油をほんの少しプラスしても
コクが出て味の変化が出て美味しいです。

 

 

オススメの国産ライスミルク

玄米でつくったライスミルク

玄米で作ったライスミルク

本みりんの醸造の技術を利用して玄米の本来持つほんのりした甘さを感じれるので
シリアルにかけても美味しく食べられます。

 

GEN-MY

GEN-MY

福井県産コシヒカリ玄米を農薬・化学肥料を使用せず
栽培されたものを100%使用。
独自の製法で作られているので栄養の吸収率が高いのが特徴。

 

このように国産のライスミルクがどんどん登場しています。

 

 

ライスミルクを飲んだ効果

「玄米でつくったライスミルク」を1週間女性が試してみたところ
便秘の解消
お肌のくすみ改善
このような効果がみられたとのことです。

ライスミルクに
黒ごま・アーモンド・きな粉を入れて栄養満点のドリンクにしたり
夜に小腹が空いた時などに
メープルシロップを入れて飲んだりと
シンプルだからこそアレンジが自在にできます。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

意外と簡単にお家で作れるライスミルク。
これからの季節にはぴったりだと思います(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る