逆立ちダイエットの方法と効果は?下半身痩せするってホント?

逆立ちダイエット
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は逆立ちダイエットについてを紹介したいと思います!!

逆立ちダイエット

海外セレブもダイエット効果があると逆立ちダイエットの写真を
SNSに投稿している人が多いそうです。
日本でもダイエットだけでなく美容効果も高いと様々なメディアで紹介されています。

なぜ逆立ちダイエットは効果が高いのでしょうか?
そして、正しいやり方とは?
色々まとめて紹介していきます。

 

 

逆立ちダイエットの正しいやり方

逆立ちは1回1分を朝食・夕食前に行うだけです。

1回あたり1分以内にとどめとかないと
脳に血液が行き過ぎるので体調不良の原因に。
無理せず行っていきましょう。

また、逆立ちをする場合は十分なスペースを確保しましょう。

 

背中立ち逆立ち

背中立ち逆立ち

逆立ちができない人にオススメ。
これでも体を逆さまにしているので効果は十分得られます。

【やり方】
①仰向けに寝て、足と背中を上げて上半身を支えます。

②腰に手を当てて、肘を床につけて体をサポートします。
腹筋にも力を入れて体を真っすぐ伸ばします。

③足と床が垂直になるようにバランスを取りながら1分間キープ。

 

壁倒立

sportsmen woman and man doing a handstand against wall concept balance sport fitness lifestyle people

 

壁が支えになっているとはいえ
腕や体幹の筋肉を使うので引き締まった体が作れます。
他の人に支えてもらってもOK。

【やり方】
①壁から頭1つ分離れてたところで手を肩幅程度に開いて四つんばいになる。
視線は両手の中心をむきます。

②膝を伸ばしながら、お尻を上げて、片方の足で地面を蹴り上げるようにして
足を持ち上げる。

③もう片方の足も②同様に上げる。

④両手と両足(揃えて)しっかり伸ばしてバランスを取って1分間キープ。

 

 

三点倒立

三点倒立

 

頭と肘で支えるので安定感があります。
比較的に挑戦しやすいので実践しているセレブも多くいます。

【やり方】
①つま先立ちで正座して、前方の床に両手を組んでつける。

②組んだ手前に頭頂部をつけて、手の平で後頭部を包むようにサポートします。
膝を伸ばして、腰をできるだけ高く上げ、つま先を少しずつ頭部に
近づけながら足を上げる。

③両肘に重心を乗せつつ、足を上げる。
この時下腹部には力を入れて引き締めましょう。

④ゆっくりと膝を伸ばして体を一直線にして1分間キープ。

 

倒立

倒立

体幹が鍛えられている人はサポートなしの逆立ちに挑戦。
足を揃えてキープしたり
足を開いたり・閉じたり動いてもOK。

【やり方】
①両手を肩幅程度に開く。

②片足を一歩前に出して、勢いよく地面を蹴って
地面を掴むようにして体を上げる。

③視線は両手の中心に向け、バランスを取りながら1分間キープ。

 

無理せず「背中立ち逆立ち」から慣れていきましょう。

 

 

逆立ちダイエットの効果

逆立ちダイエットにはどんな効果があるのでしょうか??

内臓を元の位置に戻す
逆立ちをする1番のメリットは内臓が元の位置に戻ること。
筋肉の衰えや骨格の歪みによって内臓はどんどん下がっていき機能が低下します。
そうなると代謝が低下して太りやすい体質になります。

逆立ちで体のコアが鍛えられて
内臓が正しい位置に戻って痩せ体質になります。

 

エネルギー代謝がアップ
毎日続けることで体が冷えにくくなり、基礎代謝がアップして
脂肪やカロリーなどのエネルギーを燃焼しやすい体にしてくれます。

他のエクササイズ前のウォーミングアップとして取り入れるセレブも多いそうです。

 

体幹を鍛えて引き締まったボディに
二の腕や肩の筋肉だけでやってると思われがちな逆立ちですが
実は腹筋と背筋も使うので上半身の引き締めに効果絶大。

ついでに姿勢も良くなります。

 

便秘やむくみを改善
逆立ちで内臓の位置が動くので大腸と小腸に刺激が与えられて
腸の動きが活発になり老廃物の排出機能が高まります。

血流もアップするので手足のむくみの解消にも。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

朝晩1分ずつで効果が表れる逆立ちダイエット。
ケガに気をつけて始めてみてはいかがでしょうか(*’ω’*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る