ダイエットに失敗した原因とは?ラクに楽しく効果的に痩せる方法を紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はラクに楽しく痩せる方法についてを紹介したいと思います!!

楽に痩せる

せっかく痩せようと食事や運動に気をつけても
なかなか結果につながらない事ってありますよね。

もしかしたら原因はタイミングや時間が大きく影響しているかも。
せっかく頑張るなら効果的に痩せたいですよね。

 

 

①ダイエットの為なら朝食前の運動が最も効果的
朝・昼・夜で運動した人達の脂肪燃焼量を調べたところ
朝食前に運動を行った人達の脂肪燃焼量が1番多かった。

また、1日を通しての脂肪燃焼量は
昼と夜に運動した人達は何もしなかった人と比べて差がほとんどなかった。

朝運動

朝食前は血糖値が低いので
運動すればすぐに使いきって脂肪を燃焼してくれるので
朝食前の運動はダイエットに最も効果的な時間帯と言えます。

⇒朝の運動で脂肪燃焼が効果的に出来る詳しい記事

 

 

②有酸素運動は食欲も抑えてくれる
「ダイエットにはとにかくハードな運動をしまくればイイ」と思っている人がいますがそれは間違い。
そんなキツイ運動をする必要はないし、何よりそんなキツイこと長続きしません。

有酸素運動は体脂肪を燃やすのに効果的なのはご存知の通りですが
実は食欲や摂取カロリーまで減らしてくれます。

有酸素運動での最大酸素摂取量の50%(心拍数110~125)ほどで
食事量や摂取カロリーを減少してくれることが明らかになりました。

 

 

③必要な栄養は必ず摂る
体重を減らすために食習慣を見直して余分な分は減らすことが大切になってきますが
あまりに栄養が少なすぎると代謝が下がって太りやすい体に。

野菜

お菓子ばかり食べて食事は少なめ
ササミや野菜・ダイエット食品ばっかり  など

このような偏食をする人たちは代謝が乱れているでしょう。
必要な栄養を減らすよりも満たすことを重視しましょう。

 

 

④良質な睡眠をとろう
夜に仕事から帰って寝る時間を削ってでもエクササイズをしている人もいるようですが
睡眠不足だとエネルギー代謝が乱れ、ダイエット効果が十分に発揮できません。

ちゃんと睡眠時間を確保して
朝起きたら日光を浴びて体内時計のズレをリセットしましょう。

⇒痩せ体質になれる睡眠の方法についての詳しい記事

 

 

⑤楽しく続けられる運動を探す
無理に激しい運動をしても続かなければ無意味に。

マウスの実験でも
走りをサボったらペナルティが加わりいやいや走らせられるマウス
楽しく出来る輪回しで走るマウス
この2タイプのマウスで実験したところ
運動効果は同じでも前者のマウスは体内時計が狂ってしまったそうです。

そうならない為に
運動強度ではなく長く続けられる運動を探しましょう。

 

 

⑥ご飯は味わって食べる
ダイエット中に食べたい物を無理に我慢すると
ストレスでドカ食いしてしまって結局リバウンドなんてことにも。

ドカ食い

ひと口ごとにしっかり噛んで美味しさを噛みしめながら食べれば
満足感が高まって自然と食べる量や回数が減ります。
痩せている人は自然とこのような食べ方が出来ているのでしょう。

ダイエットだからと普段食べないもので行うより
自分の好物や食べ慣れているもので行うと効果的です。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

どうせダイエットするなら最大の効果で出来るだけ楽に行いたいですよね。
ダイエット中の何かの手助けになれば幸いです(*´▽`*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る