ダイエットは食べ方で変わる?食事の時間や回数を工夫すれば痩せる!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は痩せやすい食事の食べ方についてを紹介したいと思います!!

食べる女性

ダイエットの食事についての研究が次から次に登場しており
食事で言えば
回数
食べるスピード
時間帯
この3つのテーマが特に目立っています。

 

今まで散々言われてきましたが
最新の研究実験から証明された結果を色々紹介していきます。

 

 

食事の回数

以前から言われていましたが
食事を小分けにして食べると痩せるダイエット方法ですが

食事全体のカロリーを抑えつつ5回以上に小分けして食べるなど
食事回数が多い方が体脂肪が落ちやすいことが明らかになりました。

Fresh healthy salad and measuring tape on wooden table

肥満の中年女性11人が同じ低カロリー食を
2回もしくは6回に分けて12週間食べる研究を行ったところ

体重の減少量は同じような結果だったが
2回食べるグループは筋肉量が3.3%減少したのに対し
6回食べるグループは筋肉量が1.2%増加するという結果となりました。

食事の間隔が開きすぎると
体内のタンパク質の分解が進むからだと考えられており
低カロリー食だと顕著に見られるようです。

もちろん、筋肉量が減るとリバウンドしやすい体になります。

 

 

食べるスピード

ダイエット後に体重を維持できたグループとリバウンドしたグループで研究も行いました。

早食い

それぞれのグループで早食いをする人は
体重を維持できたグループでは6.1%で
リバウンドしたグループでは16.9%という結果に。

ゆっくり食べることでは
摂取カロリーを減らし肥満の予防・改善に役に立つことが明らかになった。

また、食事の前30分に500㎖の水を飲むと
何もしないで食事をするよりも
体重が-1.3㎏の体重減少がみられました。

 

 

食べる時間帯

肥満男女420人の昼食時間を
15時より早いグループと15時より遅いグループに分けて
ダイエットにどのような効果をもたらすか追跡調査しました。

15時

その結果
昼食の時間が早いグループの方がスムーズに早く痩せることができました。
昼食が遅いグループは朝食が軽かったり、抜いたりする場合が多いそうです。
つまり、食事は早い時間に食べる方が痩せやすいことが分かりました。

また、同じカロリーを摂るにしても
朝食 →昼食 → 夕食の順でカロリーを低くしていく食事の摂り方の方が
ダイエット効果が高く体重の減り方が大きいことが判明しました。

 

⇒ダイエット中におやつを食べても太らない方法についての詳しい記事

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

ダイエットの食事の摂り方は

①5回以上に分ける

②ゆっくり食べる

③食べる30分前に水を飲む

④食べる時間帯は早めに

⑤カロリーは夕食より朝食を高く

この5つのことを気を付ければダイエット効果が得られることが
最新の研究で分かりました。

 

気にかければ出来ることばかりなので是非(≧◇≦)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る