森拓郎の食べて痩せる食事とは?方法や食材・食べ方を紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は食事で痩せる7か条についてを紹介したいと思います!!

食べて痩せる

教えてくれるのは森 拓郎さん。
「ダイエットは運動1割、食事9割」の著者であり
フィットネストレーナー
ピラティス指導者
整体師
美容整体師  など

様々な資格と顔を持っています。

運動指導者である森さんが教える食事で痩せる方法とは。

 

 

①運動だけでは痩せられない
太っている原因は摂取したカロリーを
運動や日常生活などの体を動かした分で消費できていないため。

例えば
体重50㎏の人が時速8㎞で30分走っても消費するカロリーは200㎉程度。
コンビニのおにぎり1個分くらい。

走る

つまり、運動で消費できるカロリーはとても少なく
運動だけして痩せるのは効率が悪いんだそうです。

 

 

②運動すればするほど食欲アップ
強度の高い運動などで短期間で痩せようとしても
その時に使われているエネルギーは速攻型エネルギーである糖が大半を占め
体脂肪はなかなか使われません。

糖質が使われると
体が元あった糖質の量に戻したがるので食欲がアップするんだそうです。

⇒ランニングをするのに効果的な時間帯や理由についての詳しい記事

 

 

③張り切る人ほど3ヶ月で挫折しがち
極端に痩せるダイエット法や短期間で結果を出そうとする人ほど
日常生活に溶け込まない方法で痩せようとするので挫折しやすくなります。

挫折

森さんのフィットネスクラブでも
入会した多くの人は最初の1週間は何回も来てトレーニングに汗を流しますが
頻度が減り3ヶ月以内に退会していく人がほとんどだそうです。

やはり、ダイエットは長く続けられる方法を見つけなければいけませんね。

 

 

④和食中心の食生活へ
高カロリーなパスタやオムライスは男女問わず若ければ若いほど食べがちですよね。
しかし、ダイエットには和食がオススメ。
「まごわやさしい」が表す食材を使った献立がベスト。

まごやさしい

「ま」 = 豆製品
「ご」 = ごま(種子類)
「わ」 = わかめ(海藻類)
「や」 = 野菜
「さ」 = 魚類
「し」 = しいたけ(キノコ類)
「い」 = いも類

この食材を食べることを気を付けて
ミネラル・ビタミンを摂取しながら低カロリーな食事を心がけましょう。

⇒長谷川弓子さんの太らない和食のレシピや小技についての詳しい記事

 

 

⑤短期間で痩せる=短期間で戻る
ダイエットで重要なのは結果の維持。
リバウンドを繰り返している人はダイエットを一定期間の我慢と捉えがち。

例えば
3ヶ月かけて痩せたのであれば
3ヶ月以上かけて維持しない限り定着しません。

結果を維持するためには
ずっと続けられるような無理のない方法でなければリバウンドします。

 

 

⑥食事は減らし過ぎたらダメ
朝は小さなパン1つだけなど極端に食べる量を減らす人がいますが
体脂肪を落とすには栄養素をしっかり摂取するのが大切です。

定食

体に良いとされる玄米や味噌汁・魚や和の惣菜などをお腹一杯食べた方が
消化と吸収が良いので太りにくいんだそうです。

 

 

⑦原型に近いものは太らない
加工されず原型が残っているものや調理されていない生ものなどは
太りにくい食べ物だと森さんは言います。

加工食品を買う時もパッケージの裏を見て
なるべく原材料に他の食材が含まれていないものを選びましょう。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

森さんが教える食事で痩せる7か条。
運動も大事ですが自分の食生活の見直しも大事ですね(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る