ダイエット後リバウンドする原因は?リバウンドしない方法やペースを紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は8月25日の「林修先生の  見れば納得!ギジンカイメイ」で放送された
ダイエット後のリバウンドについて紹介したいと思います!!

リバウンド

知っているようで知らないさまざまな仕組みを
刑事ドラマやホラー映画のように擬人化して紹介する番組。

ダイエット後のリバウンドについては
ゾンビ映画で紹介していました。

 

ダイエットをしてもなかなか減らない体重。
せっかくダイエットしたのにリバウンドして
元の体重以上になっている経験はありませんか?

食べてないのになぜか増える体重。

その仕組みや原因を紹介していきます。

 

 

リバウンドする原因や仕組みは?

教えてくれるのは
肥満研究の第一人者で研究歴20年
日本大学薬学部  榛葉 繁紀教授。

榛葉教授曰く
「リバウンドするのは
食事制限により筋肉が無くなり、脂肪が増えやすくなるのが原因」
と話します。

筋肉

 

 

リバウンドをしてしまう仕組みは・・・

太っている人は大量の脂肪細胞を持っています。
食事制限をするとエネルギー不足になり筋肉が弱って落ちていきます。
それと同時に脂肪も落ちていきます。

筋肉が動くと脂肪が燃焼されます。
しかし、食事制限を続ければ

 

ふくらはぎ ⇒ 肩 ⇒ 胸 ⇒ 腹部 ⇒ お尻
この順番で筋肉が落ちていきます。

筋肉が減ってエネルギーを消費できずに痩せにくくなることを
「停滞期」というと榛葉教授はおっしゃいます。

 

ダイエットが終わり食事をしても

体の筋肉量が落ちているのでエネルギーを消費できなくなります。
筋肉が消費できないエネルギーは脂肪に蓄えられていく。

 

以上がリバウンドの仕組みです。

 

 

ふくらはぎの筋肉から落ちる理由は?

ふくらはぎ ⇒ 肩 ⇒ 胸 ⇒ 腹部 ⇒ お尻

なぜ、この順番で筋肉が落ちていくのかというと
筋肉の大きさ + 脂肪量によって落ちていく順番が決まります。

ふくらはぎ

ふくらはぎは
お尻に比べて筋肉が小さく脂肪も少ないので
食事制限でのダイエットのダメージを受けやすくなります。

 

 

リバウンドしないためには!

リバウンドをしないためにはダイエットをゆっくり行うこと!

食事を抜くダイエットは
急激なエネルギーの減少で体が危機感を感じます。
飢えたくないのでエネルギーを蓄えるため脂肪を次々と増やしてしまいます。

ゆっくりダイエットすれば脂肪ができずリバウンドしにくくなります。

ゆっくり痩せる

半年で自分の体重の5%減らすのが痩せる目安!!

50㎏の場合
半年で2.5㎏のダイエットが理想的。

 

半年で2.5㎏は少しゆっくり過ぎる気もしますが
このペースで痩せることがリバウンドしない体重の減らし方というのは納得です。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

せっかくダイエットするならリバウンドしない方がイイですよね(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る