間違ったダイエット方法でリバウンドしてない?ダイエットのウソ・ホントを検証!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はダイエットのウソ・ホントについてを紹介したいと思います!!

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f

痩せようとした時に
TVや雑誌・友達などからいろんなダイエット情報が流れて困惑しちゃいますよね。

そんな疑問に答えてくれるのは
管理栄養士の伊達 友美先生。

5000人の減量栄養指導を行ってきた伊達先生が
ダイエッターが悩んでいる疑問を解決してくれます。

 

 

ダイエット中は朝食を食べないといけない?

答えは NO

お腹が空いていないのに無理に食べてしまうと食欲が活性化されて
食べ過ぎる危険性があります。
お腹が空いてないのに無理に食べなくてもOK。

ただし、朝食を抜いたからといって昼食でのドカ食いには注意。

 

アイスは食べても太らない?

答えは NO

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9

ちょっと前までは
アイスを食べると体が冷える ⇒ 冷えた体を温めようとしてカロリーを使うから太らない!
なんて言われたことがありましたが間違い。

そもそも、ダイエットに冷えは禁物だしアイスのような間食は太ります。
どうしても食べたいときは

乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上
種類別:アイスクリーム

と表記されたアイスを食べると
脂肪分が多いので他のアイスより体が冷えにくくはあります。

 

生理前はドカ食いしても大丈夫?

答え YES

ドカ食いしてしまうのは血液を作る栄養が不足しているサインなのでOK。
ただし、ジャンクフードやお菓子ではなく
魚やお肉・鉄分をしっかり食べましょう。

 

パンよりおにぎりの方が太らない?

答え YES

%e3%81%8a%e3%81%ab%e3%81%8e%e3%82%8a

軽食に見えるパンですが小麦がメインで作られており
マーガリンなどの悪い油や砂糖がたっぷり使ってあることも少なくありません。
穀物であるおにぎりの方が血糖値の上昇を抑えてくれるのでオススメです。

 

 

甘いものを食べると食欲がおさまって痩せれる?

答え NO

空腹時に甘いものを食べて糖分を摂ってしまうと
急激に血糖値が上がってしまうので太ってしまいます。

朝食に甘いものもオススメできません。
空腹時はとても吸収が良くなっているので気を付けましょう。

 

甘いものは午前中なら食べても太らない?

答え NO

%e7%94%98%e3%81%84%e3%82%82%e3%81%ae

糖を脂肪に変えるBMAL1というホルモンは
14~15時にかけて値が低く、2~3時にかけて値が高くなります。

甘いものを食べるなら3時のおやつに食べるようにしましょう。

 

生理前にダイエットすると失敗する?

答え NO

生理前に体重が増えるのは脂肪がついたからではなく
月経に備えて血液を作るために
水分を体に蓄えるからなので安心してください。

 

ランニングをするとバストから落ちる?

答え YES

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

ランニングに限らず胸が揺れると
胸にあるクーパー靭帯が伸びてしまうので
体を動かすときは胸が動かないようにスポーツブラなどをして
動かないようにしましょう。

 

オリーブオイルを飲むと便秘が治る?

答え YES

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab

オリーブオイルを摂ると腸の奥で消化するのでお通じはよくなります。
しかし、そのまま飲むと消化もされにくく、人によっては吐き気をでるので
オススメしません。
摂るなら生のオリーブオイルを調味料として使いましょう。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

ダイエットのウソ・ホント。
痩せるなら正しい知識でダイエットしたいですよね(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る