【所さの目がテン】ポッコリお腹の原因とは?解消する方法も紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は9月25日の「所さんの目がテン」で放送された
ポッコリお腹の原因と解消法について紹介したいと思います!!

%e3%83%9d%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%81%8a%e8%85%b9

男女問わず気になるポッコリお腹ですが
あることを変えるだけでお腹が凹むだけでなく、痩せやすい体質になるんです。

簡単な方法を紹介していたのは理学療法士の花岡 正敬さん。
リオデジャネイロ  パラリンピックの日本代表トレーナーをされていた先生です。

 

 

ポッコリお腹の原因

花岡先生曰くポッコリお腹の原因は「姿勢」だそうで
正しい姿勢をとるだけでポッコリお腹が凹みます。

正しい姿勢とは重心の線が
①耳たぶ

②肩

③股関節

④膝のお皿の後ろ

⑤くるぶしの2㎝前
に通るように立っているのが正しい姿勢なんです。

%e5%a7%bf%e5%8b%a2

 

なぜ姿勢が崩れてポッコリお腹になるのかというと・・・

 

骨盤と姿勢の歪みによって
インナーマッスルいわゆるコアハウスが働かなくなっているから!!

コアハウスとはお腹の中にある姿勢を支える家のようなもので
横隔膜・多裂筋・腹横筋・骨盤底筋という筋肉から構成されています。

コアハウスは胃や腸などの内臓を支える役割も担っているのですが
お腹には周りを取り囲む骨格がないので
姿勢が崩れてコアハウスが歪んでしまうと
骨盤が前に傾いて、内臓が押し出されてお腹がポッコリ出てしまいます。

 

 

ポッコリお腹の解消方法

コアハウスの中でも特に重要なのは腹横筋!
腹横筋が鍛えられるとポッコリお腹の解消に効果的。

しかし、ポッコリお腹の解消には「腹筋運動」という人が大勢いますが
腹筋運動では腹直筋(シックスパックを作る筋肉)は鍛えられますが
インナーマッスルである腹横筋は鍛えられません。

%e8%85%b9%e7%ad%8b

 

痩せている人が腹筋運動をすると腹筋が割れるのですが
ポッコリお腹の人はコアハウスが眠っている状態になってしまって
そこに脂肪がつきやすくなっています。
つまり、筋肉の上に多くの脂肪がついているのに
腹筋運動で腹直筋を鍛えても、固太りになってお腹を凹ますことには繋がりにくくなります。

 

 

腹横筋は自分で動かせない筋肉なので「ドローイン」という呼吸法で鍛えます。
立った状態で

①鼻から息を吸い込みお腹を膨らませ、口から細く息を吐きながら限界までお腹を凹ませる。

②息を吐き切る直前にお尻の穴を締めると骨盤底筋が働いて、より腹横筋が刺激されます。

③呼吸を止めずにお腹を凹ませたまま30秒キープ。

お腹とお尻を緩めないのがポイントで
これだけで腹横筋は大きく動いて鍛えられます。

基礎代謝もアップして痩せやすい体質にもなります。

 

ドローインの効果

一般人のモニター5人に

正しい姿勢で過ごすこと(姿勢矯正バンドを支給)
ドローインを1日5セット(30秒で1セット)行う

今までの食事や運動は変えず、この条件で1週間効果を実験します。

ドローインは好きな時に1日で5セット行えばいいので
仕事や家事の合間でやってOK。

%e5%90%88%e9%96%93

結果は5人中4人お腹が凹みました。
多い人で6㎝凹みますが体重はそんなに変わるものではないようです。

1人減るどころか増えてしまいましたが
脂肪が厚すぎる人には効果は出にくいそうです。

 

⇒【所さんの目がテン】で紹介された間食をダイエットの味方にする方法についての詳しい記事

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

1日2分半(5セット)で簡単にポッコリお腹が解消できるなら
挑戦してみる価値ありですね(●´ω`●)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る