ダイエット・ヴィレッジ!8人で1ヶ月合計-100kgの減量合宿!方法や食生活は??

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今日は11月11日に放送されたTV番組

「ダイエット・ヴィレッジ  デブのまま終われない」

から色々と紹介したいと思います。

ダイエットヴィレッジ

 

この企画には太っていることで様々な悩みを持つ
主に20代の若者たちが参加!

 

166kgの便器を割ってしまう男性

133kgで自転車のサドルを曲げてしまう女性

114kgの脂中毒でバターを丸かじりする女性

99kgで車のハンドルが太もものせいできれない女性   など

 

8人の合計体重が892.3kgの参加者が連帯責任で1ヶ月100kg痩せるというもの。

成功すれば100万円
失敗は何もなし。

 

今回おデブさん達の指導(言い方が悪いですが番組でも言っていたので(+o+))
をするのは

今まで500人以上をダイエットに成功させた
ダイエットのスペシャリスト

ティップネス ・ パーソナルトレーナー
桑崎 寛さん

桑崎寛

 

さて、どんなダイエット法や食生活なのか
ご紹介します。

 

まずは最初の1週間で合計30kg痩せる!!
もちろん8人の合計で。

桑崎さん曰く
「無理な設定ではなく
短期目標を1つ1つクリアしていけば自信に繋がり
目標体重に届く!!

とのこと。

 

そしてこの合宿には
桑崎トレーナー流 ダイエット・ヴィレッジ3つのポイント

があるようです。

 

 

①有酸素と無酸素のループ

まず最初に行ったのは30分のエアロバイク。
因みに私も家で30分程やってます(笑)

その30分の中で
エアロバイクでの1分間ダッシュを5セット取り入れる。
これはかなりキツイです(汗)

体脂肪は有酸素運動を20分以上続けたら燃えだしますが
ダッシュを取り入れることにより
早くから脂肪が燃えだし、燃焼効果も上がる!!
というもの。
その後に機材を使ったウェイトトレーニングと体幹トレーニング!
特に胸・背筋・太ももの筋肉を鍛えることで
消費カロリーを格段ににアップさせられます。

太っている人は基本的に筋肉が少ないので
有酸素運動のみで脂肪を燃やしてもすぐにリバウンドするので
脂肪を効率的に燃やすには
有酸素運動+ウェイトトレーニング
で筋肉をしっかりと付けてカロリー消費量を高めることが効果的!!

ウェイトトレーニングだけでなく
エアロビクスや水中でのダンスとかもやっていました。

運動は空腹時(早朝など)にやると体内の脂肪を使うので
最も効果的とか。

運動

 

 

 

 

②徹底した食事管理

企画中の食事は自炊。
管理栄養士が作成したレシピを元に交代制で作る。

主食は玄米で汁物と
おかずも3品ありなかなか美味しそうでした(#^.^#)

食事は1日1100㌔カロリー以下
と大分低めに設定してありました。

低めに設定してはありますが
食事は完食が義務!!

特に夕食は最低限のカロリーしか摂ってませんでした。

 

 

 

③地獄のヒート(HIIT)

2週間めからヒートを取り入れました。
なかなか聞きなれない言葉ですが

High
intensity
interval
training

の略で

ハードな運動と休憩を短時間で交互に繰り返すトレーニング方のことです。

運動後も長時間脂肪を燃焼し続け
脂肪燃焼効果は有酸素運動の約6倍!!

これはかなりきつくてもやる価値がありそうですね
ヒートの基本的な方法は
15秒ダッシュ(その場)→1分歩き✖10セット

ウェイトトレーニングでのヒート
限界の負荷で10回→30秒〜1分休憩✖10セット

 

HIIT

この3つがダイエット・ヴィレッジの痩せるポイントでした!!

皆さんどうでしょうか?笑?
TVを観てても大分キツそうでした。

 

⇒ダイエットヴィレッジ②についての詳しい記事

⇒ダイエットヴィレッジ③についての詳しい記事

⇒ダイエットヴィレッジ④についての詳しい記事

⇒ダイエットヴィレッジ⑤についての詳しい記事

 

 

最終結果

トレーニングだけでもキツイのに

合宿なので集団生活や停滞期でのストレス
自堕落な生活を一変させるストレス

様々な問題があって喧嘩したり
正直観てて「おい!!」って思う人もいましたが(笑)

 

結果は
-101.6kgで目標達成!!

正直感動しました!!
本当に参加者はみんな頑張ってました。

この番組で私自身も勉強になったので
早速明日から良かったところを取り入れてみようかと思います(●^o^●)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る