冷え性や老化を改善する方法は?原因や効果的な食べ物を紹介!

%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7%e5%a5%b3%e6%80%a7
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は11月7日の「主治医が見つかる診療所」で放送された
冷え性を改善する方法について紹介したいと思います!!

%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7%e5%a5%b3%e6%80%a7

ゴースト血管が原因で
肌のシミやシワ
薄毛・白髪
肩こり
心筋梗塞
冷え性
ガン   など
恐ろしい病気まで引き起こす可能性があるそうです。

 

聞きなれないゴースト血管とは「毛細血管」のことで
正常な毛細血管だと拡大して見た時に
ほぼ等間隔に並んでいて真っ直ぐに伸びています。

クネクネとねじれ
並び方も血管が消えてしまい等間隔ではなくまばらに見えてしまいます。

つまり
このように流れを悪くなった毛細血管をゴースト血管というのです。

 

 

ゴースト血管のチェック方法

次の項目に1個でもチェックがつけばゴースト血管の疑いがあります。

①最近白髪が増えた
②目が疲れやすくなった
③目の下にクマができやすくなった
④体がむくむ事が増えてきた
⑤しっかり睡眠をとっても翌朝疲れが抜けなくなった

 

%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

また、足の内側のくるぶしの下は
皮膚が薄いため血管の状態がよく分かります。

毛細血管が正常な人は太くて青い血管が並んで見えます。
毛細血管がゴースト化していると赤紫の細い血管が浮き上がっています。

 

 

ゴースト血管になる原因

毛細血管をゴースト化させる3大要因があります。

①運動不足

%e9%81%8b%e5%8b%95%e4%b8%8d%e8%b6%b3

体を動かすためには
毛細血管を通じて筋肉の隅々まで栄養を届ける必要があります。

体を動かさないと
体が栄養を届ける必要がないと判断して
毛細血管が減ってしまいます。

 

太り過ぎ

%e5%a4%aa%e3%82%8a%e9%81%8e%e3%81%8e

心臓から出ていく血液量は一定ですが
ついてしまった余分な脂肪に血液が回ってしまい
毛細血管まで十分な血液が届かなくなります。

 

 

食べ過ぎ

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8e%e5%a5%b3%e6%80%a7

太っていない人でも食べ過ぎはゴースト血管の原因に。
食べ物を摂取すると胃や腸に血液が集中します。
暴飲暴食や常に間食をしていると
慢性的に胃や腸に血液が集中してしまい
末端の毛細血管がダメージを受けやすくなります。

 

 

改善方法

1度ゴースト化してしまった血管でも復活させる方法があるんだそうです。

ヒハツ

%e3%83%92%e3%83%8f%e3%83%84

島コショウやロングペッパーの原料となり
紀元前400年にはヒポクラテスも薬効に注目し
インドの伝統医学アーユルベーダでは冷えを取り長寿を促すとされています。

ヒハツは
コショウ+ウコンのような苦味があるそうです。

肉にまぶしての下味やスープや麺類などコショウの代わりに使うのがオススメ。
コショウより多少値段は高いですが
普通にスーパーでも手に入ります。

摂取の目安は1日小さじ半分(約1g)最大でも2gまでです。
多量に摂り過ぎるのはダメだそうです。

 

ショウガ
オーブンでちょっと乾燥させると
血行を良くする作用がすごく強くなります。

 

シナモン
発汗作用もあって胃も丈夫になりますし
紅茶に入れたり、ヒハツと同じような使い方ができます。

 

スキップやつま先立ち
ももを上げたり
つま先立ちになって上げたり下げたりする運動は
下半身のポンプを強くするので血流が良くなっていきます。

下半身を鍛えることで
毛細血管がどんどん伸びていきます。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

運動不足や肥満・食べ過ぎは
恐ろしい病気にまで繋がってしまうんですね(*´Д`)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る