脂肪を溶かすマシンがあるってホント?痩せる細菌など最新ダイエットを紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は11月9日の「ホンマでっか!?TV」で放送された
最新ダイエットについて紹介したいと思います!!

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%81%a7%e3%81%a3%e3%81%8b

今回の放送内容は最新医療スペシャルで
認知症・いびき・ダイエットのことについて紹介がありましたが
ダイエットだけをピックアップして紹介します。

 

 

脂肪を溶かす機械

脂肪吸引に変わる「脂肪を溶かす最新マシン」があるそうで
痛くない・メスを使わないのが特徴。

脂肪を溶かす最新マシンとは
超音波で深さを調節して
脂肪だけを狙い脂肪細胞に穴をあけると
脂肪が分解されてマクロファージ(異物を食べる細胞)が食べてしまい
1週間ほどで脂肪がなくなり痩せるんだそうです。

%e3%81%8a%e8%85%b9

マツコ・デラックスさんだと
5~8回やれば島崎和歌子さんくらいにはなるそうです。
かなり激痩せです!!

お腹周りで1回約30万円の費用がかかるそうなんですが
脂肪吸引などの手術を行うと
麻酔をかけたり・1~2日包帯を巻いて入院しないといけませんが

最新マシンだと
エコー検査のようになでるだけで、次の日の仕事も行けて
傷も痛さもありません。

 

番組内では最新マシンの紹介はありませんでしたが
「キャビテーション」のことで
超音波とは「ラジオ波」のことだと思われます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%93%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

因みに、マクロファージに食べられた脂肪は
リンパや静脈の中に吸収されて
腎臓から(尿として)排出されます。

 

 

飲んだら痩せる細菌が存在する

痩せている人のお腹の中を調べると
「アッカーマンシア・ムシニフィラ」という細菌が多く存在することが分かり
人の腸内細菌(約1000兆個)の4%はアッカーマンシア細菌なんだそうです。

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2

太っている人にはアッカーマンシア細菌がいないこともあるそうなんですが
太ったネズミに
アッカーマンシア細菌を飲ませたら痩せたという研究結果が。

この細菌が
腸壁に働きかけて自分たちの住む粘液を大量に分泌させます。
粘液が大量に分泌すると
太る要因となるリポ多糖が吸収されにくいので太らないんだとか。

 

 

腸内細菌を移植する

太った人と痩せた人では腸内細菌が違うので
痩せた人の便をフリーズドライにして
カプセルに詰めて太った人に飲ませるという
臨床試験が始まったそうです。

錠剤を持つ手

生きたまま細菌を腸まで運ぶ必要があるので
元々は便を溶かして内視鏡で肛門から腸内に入れる方法がありました。

この方法は肥満の人の便を使ってしまうと
逆に太ってしまうリスクもあるそうです。

 

 

まとめ

あまりにも現実味がなくイメージできませんが
近々、臨床実験が始まるそうなので
そう遠くない未来では当たり前になるかもしれません(*´▽`*)

 

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る