【NHK】中高生(10代)のダイエットで効果的な方法!寝ないと太るってホント?

%e4%b8%ad%e9%ab%98%e7%94%9f
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は11月24日の「10minボックス」で放送された
中高生のダイエットについて紹介したいと思います!!

%e4%b8%ad%e9%ab%98%e7%94%9f

中高生にインタビューすると
勉強や習い事・SNSをすることで睡眠時間はとても短くなっているそうで
中には4時間しか寝ていない子も。

 

 

睡眠の役割

睡眠ってどんな役割があるのかというと
脳や体を休めて疲れると溜まってしまう老廃物を眠っている間に排出して
元気にしたり
免疫力を高めて眠ることによって免疫力を高めて病気にかかりにくくしたりします。

中でも重要なのは
寝ている間に分泌される「成長ホルモン」

%e7%9c%a0%e3%82%8b%e5%ad%90%e4%be%9b

成長ホルモンは
背を高くする
記憶力アップ
心を安定させる  など

色々働いてくれます。

 

この成長ホルモンはいつでも出るわけではなく
夜の9時~朝の4時くらいまで。

中高生の理想的な睡眠は
夜11時に寝て7時間以上寝ることが大切です。

 

 

寝ないとどうなるの?

しかし
睡眠時間が短かったり、遅くまで起きていると
太りやすくなってしまいます。

成長ホルモンは寝ている間に新陳代謝を高めて
エネルギーをよく消費するようにしてくれますが
ちゃんと寝ていないと新陳代謝が低下して太りやすくなってしまいます。

%e5%a4%aa%e3%82%8b

さらに
食欲を増進するホルモンがアップして
満腹を感じるホルモンが低下するので
食べ過ぎてしまう結果に。

つまり、ちゃんと寝ることで
背が高くなって頭が良くなり・心が安定してキレにくくなる。
ダイエットにも良いしキレイにもなる。
イイこと尽くめですね。

 

 

早く寝るためのコツ

ついつい夜更かししてしまう中高生に早く寝るための方法を紹介。

%e5%a4%9c%e6%9b%b4%e3%81%8b%e3%81%97

①朝日を浴びる
メラトニンというホルモンが脳から出ると
人は良い睡眠がとれるのですが
メラトニンの原料は光を浴びたら作られます。

ただ、メラトニンが作られるためには16時間必要なので
朝日をたくさん浴びておくことが必要です。

 

②タンパク質
メラトニンを作るのに、もう1つ必要なのはタンパク質。
朝食のメニューで豆類・乳製品・肉や魚を食べると効果的。

 

③スマホやPCはほどほどに
スマホやPCに使われているブルーライトはメラトニンを減らします。
夜8時以降や寝る1時間前は使わないようにしましょう。

 

 

まとめ

基本は早寝早起き。
たくさん寝て成長ホルモンをいっぱい出しましょう(●´ω`●)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る