クリスマスで食べ過ぎた時の簡単な予防法とダイエット方法とは?

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はクリスマスの食べ過ぎについてを紹介したいと思います!!

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9

日本で1番経済が動くイベントと言われるクリスマス。
子供だけではなく大人も楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

家族・恋人・友達と過ごすクリスマスはプレゼントとご馳走がつきもの。
そのご馳走を食べ過ぎてしまったらどうしてますか?

そのまま放っておくと
お正月に突入して体重がご機嫌なことに。

クリスマスを制する者は正月太りを制す!

クリスマスで食べ過ぎた分を年末に持ち越さない簡単な方法を紹介します。

 

⇒正月太りの予防と解消法の詳しい記事

⇒忘年会・新年会での食べ飲み過ぎの予防とダイエット方法

 

 

チキン(お肉)

クリスマスといったらチキンを多くの家庭で食べると思いますが
チキン(お肉)を食べ過ぎた時はブラックコーヒーを飲んでリセットしましょう。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3

肉の脂には体脂肪になりやすい「飽和脂肪酸」が含まれています。
コーヒーに含まれるメラノイジンという成分が
余分な脂肪を吸着して排出してくれます。

ローストチキンやフライドチキンなどのお肉は
できることなら脂肪の少ない部位から食べると太りにくくなります。

 

 

炭水化物

チキンの他にパスタやオムライスなどと一緒に食べたりする事もありますが
炭水化物が脂肪になるのは約18時間後。

それまでにお腹周りのエクササイズで摂取し過ぎた分のカロリーを消費させましょう。

%e7%82%ad%e6%b0%b4%e5%8c%96%e7%89%a9

①仰向けに寝て両足とも浮かせて膝を90度に曲げて、頭をおへそを見るように上がるところまで上げます。

②頭は動かさないようにして足を遠くに伸ばすイメージで伸ばします。

このエクササイズを10セット行いましょう。

 

 

ビュッフェ

女子会などならクリスマスビュッフェに行くこともあるでしょう。

少しずつたくさんの種類の料理やデザートまで食べちゃうと
いつの間にか成人女性の1日分の摂取カロリー以上摂っちゃうことだって少なくありません。

%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a7

そんな時は
そのままウインドショッピングやイルミネーションを見ながら
歩いてカロリーを消費しながら帰りましょう。

エスカレーターやエレベーターを使わず
階段を登れば平地よりも約1.5倍の消費カロリーになります。

 

 

ケーキ

クリスマスといったらやっぱりケーキでしょう。
そして、ケーキを食べ過ぎる人が一番多いのではないでしょうか。

ケーキは脂質と糖分の塊で
砂糖は吸収が早く血糖値を急激に上昇させるので
脂肪になって太りやすくなるのですぐにリセットする必要があります。

%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad

お肉と同じようにブラックコーヒーを飲みましょう。
ミルクや砂糖を入れずケーキと一緒に飲むのがベストです。

コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれており
糖質の分解を促して、糖分の代謝を助けてくれます。

ブラックで濃いければ濃いほど効果があり
飲み忘れたらケーキを食べた20分以内に飲むようにしましょう。

 

 

まとめ

クリスマスで食べ過ぎた分は数日の内にリセットして
お正月を迎えれるようにしましょう( ´∀`)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る