【ソレダメ!】松岡博子の冷え性を改善する体操を画像付きで紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は12月14日の「ソレダメ!」で放送された
冷え性を改善する体操について紹介したいと思います!!

%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7

紹介してくれたのは
体の歪みを治して2万人以上の冷えを改善してきた
整体師の松岡  博子先生。

 

 

冷え性チェック

まずは冷え性かどうかをチェック。

①両手を拝むように合わせて、肘までつける。

②合わせた両手を真っ直ぐ上に上げる。

img_2967

顎より肘が上がらない人は
肩甲骨が固く冷え性の可能性があるので要注意。

肩甲骨が固いとそこを流れる血管が
押さえつけられるため血行不良になって冷え性になるそうです。

 

 

冷え性改善体操

冷え性を改善する3種類の体操を画像付きで紹介していきます。

 

羽ばたき体操【肩甲骨を開く体操】

鳥が羽ばたくように腕を動かすことでコリ固まった肩甲骨を動かします。
ポイントは腕を開いた時に肩甲骨を寄せること。

img_2971

img_2968

img_2969

img_2970

上・中・下を3回繰り返します。
腕をグゥッと伸ばして元の位置に戻してから
次の伸びに入ります。

 

 

ニワトリ体操【肩甲骨を回す】

手を脇の下に挟み前後10回ずつ大きく肩を回します。
ポイントは腕だけで回そうとせず肩甲骨ごと回すイメージで行うこと。

img_2972

img_2974

前から後ろに10回まわしたら
後ろから前に10回まわします。

 

ダチョウ体操【股関節を動かす】

腕を頭の上で組み足を1歩踏み込んだら腰を落としていきます。
股関節を開くと共にアキレス腱(ふくらはぎ)を伸ばすことで
下半身を温めていきます。

伸ばすときは踵が床から離れないようにしましょう。

img_2975

img_2976

3歩進んだら
振り向いて3歩で戻ります。

 

 

ダイエット効果

この体操で冷え性が改善するだけでなく
羽ばたき体操とニワトリ体操で
肩甲骨周りの筋肉を動かすことで褐色脂肪細胞が活性化し
脂肪を燃やす効果が促されたり

また、ダチョウ体操で
足の大きな筋肉を使って代謝がアップなどの

ダイエット効果が期待できると考えられます。

 

⇒冷え性を改善する方法や原因!半身浴の効果についての詳しい記事

 

 

まとめ

簡単に短時間で出来る体操なので
冷え性でお悩みの人はぜひやってみてはいかがでしょうか(´◉◞౪◟◉)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る