【サタプラ】花豆の栽培法やカロリー?肥満と老化を防ぐ豆の効果とは?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は12月17日の「サタデープラス」で放送された
花豆について紹介したいと思います!!

%e8%8a%b1%e8%b1%86

 

日本でご長寿日本一の長野県の中でも
さらに平均寿命が長い佐久地方で盛んに栽培される豆で
直径3㎝ある最大級の大きさです。

地元では普通に市販されていて
料理だけでなく、お菓子としても使われます。

医師が500人中392人が
健康効果があるという結果も出る程の花豆とは。

⇒花豆と同時に紹介された菊芋の詳しい記事はコチラ

 

 

栽培方法

正式名称は「ベニバナインゲン」といわれ
夏には花も咲かせます。

%e3%83%99%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b2%e3%83%b3

花豆は佐久地方でも
主に標高が高い寒冷地で栽培されています。

この花が大きなサヤとなり
畑で作られて11月には収穫されてハウスに移動され乾燥と選別作業をします。

乾燥されたサヤは人の顔より大きく
茶色になって完全な乾燥状態になります。

初物の出荷は12月頃で新豆の季節になります。

 

 

花豆の効果

花豆と大豆それぞれ100gと比較すると

大豆      花豆

カロリー     417㎉     332㎉

脂質    19.0      1.7

カルシウム  240      78

カルシウムは大豆に劣りますが
カロリーと脂質が大幅に低くなります。

good

肥満予防
ビタミンB1・B2には体に入った糖質や脂質が
エネルギーに変わるのを助ける効果が期待でき
花豆にはビタミンB群が豊富に含まれています。

 

アンチエイジング効果
花豆の紫色のまだら模様は
アントシアニンというポリフェノールが豊富に含まれている証拠で
抗酸化作用が期待できます。
その為、お肌などの老化予防に効果があります。

 

頭痛やめまいの予防
特に女性は鉄分が不足すると頭痛やめまいの原因になります。
花豆には鉄分が豊富で知られるほうれん草の
約3倍もの鉄分が含まれています。

 

 

花豆料理

地元の人は花豆を食べる時は

%e7%94%98%e7%85%ae

甘煮
地元では1番食べられる花豆料理で
ほくほく感がたまらないそうです。

 

%e3%81%8a%e3%81%93%e3%82%8f
おこわ
全てが上品な味がするそうです。

 

%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8d

ミネストローネ
食感がお芋のようになって美味しいそうです。

 

花豆(インゲン類)を食べる時は
水に数時間浸して芯をしっかり熱し
煮た時に出るアクを必ずよく取って食中毒に注意しましょう。

また、食物繊維が豊富なので
一度に食べ過ぎるとお腹が緩くなったりするので食べ過ぎにも注意しましょう。

 

 

まとめ

肥満・老化予防に役立つ花豆でしたが
お取り寄せもできるます(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る