冷え性を改善する方法や原因は?半身浴は効果がないってホント?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は「ソレダメ!」で放送された
冷え・寒さ対策について紹介したいと思います!!

%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7

寒さが身に染みるこの季節
間違った寒さ対策をしていると
冷え性になってしまうこともあります。

女性はもちろん
近年、男性も冷え性で悩んでいる人が急増しているようです。

「冷えは万病の元」と言われるので
放っておくと大きな病となってしまうかも。

 

 

身体を温める為に熱い風呂に入ってはダメ?

寒い日は熱いお風呂で体を温めたいところですが

熱いお風呂に入った瞬間に
自律神経にストレスがかかって
血流が悪くなって逆に冷え性の原因になっていたそうです。

%e5%85%a5%e6%b5%b4

そもそも人は身体を温めるために
血管を拡張・収縮し
血流量を変化させることで体温調節を行います。

この血管の動きを司るのが自律神経。
熱い湯に長く浸かると
自律神経にストレスがかかり血管が細くなったままになってしまい
体の末端に血液が巡らなくなり手足が冷えてしまう結果に。

また、40度を超えたお風呂は血管が締まり血圧も上がってしまいます。

 

 

体が冷えてしまうと
先ほども記述したように
体が冷えると万病の元になってしまったり
代謝が悪くなり太りやすい体質になってしまいます。

%e3%83%9d%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%81%8a%e8%85%b9

また、体が冷えることで質の良い睡眠や睡眠時間がとれず
食欲を抑えるホルモンが少なく
食欲を増進させるホルモンを多く分泌させてしまいます。

冬はダイエットにとって最も適した季節なので
身体を温めて痩せやすい体質に変えていきたいですよね。

 

 

身体を温める入浴法

身体を温めるには熱いお風呂だけではなく
ぬるめの38度のお湯に30分程度の全身浴がイイそうです。

%e9%a2%a8%e5%91%82%e4%b8%8a%e3%82%8a

ぬるめのお湯だと自律神経にストレスがかからないので
血液が体の末端まで行き渡り体を芯から温めてくれます。

寝る30分以内の入浴が効果的!

40度を下回るお風呂は
交感神経が優位になりリンパ球が増えるので
リンパ球が増えて風邪をひきにくくなります。

 

 

半身浴は効果がない?

美容や健康・ダイエットのために
半身浴をしている女性も多いと思いますが
冷え性の人にとって医学的根拠は全くないそうです。

そもそも半身浴とは
お年寄りや心臓に疾患を抱える人のための入浴法で
心臓には負担は少ないですが冷え性には効果はありません。

%e9%a9%9a%e3%81%8f%e5%a5%b3%e6%80%a7

上半身はお湯から出ているので逆に体を冷やす結果に。

全身浴と半身浴の大きな違いは水圧のかかり方です。
全身浴は半身浴に比べて
水圧がかかることによって血液の巡りが良くなります。

半身浴はこの効果が半減してしまいます。

 

⇒冷え性で眠れない原因や改善する方法!漢方・靴下・食べ物についての詳しい記事

 

 

まとめ

42度の熱いお湯に短い時間浸かって
お湯から上がって基礎代謝を上げる高温反復入浴法というダイエット方が
色々なメディアで紹介されています。

この方法は上がった時にめまいを起こす時があるので
高温反復入浴法が合わない時は
今日紹介した入浴法が合うかもしれません(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る