太らない食事の方法やメニューは?1日3食きちんと食べて痩せる!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は太らない食事について紹介します。

%e5%a4%aa%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e9%a3%9f%e4%ba%8b

昔と違い食べる量を極端に減らしたダイエットは
リバウンドの元になるのは周知の事実となってきており
食べて痩せるが今のダイエットでは主流です。

しかし、好きな物を好きなだけというわけにはいきません。
今日は太らない食事の知識や方法・オススメのメニューなんかを紹介していきます。

 

 

食事スタイルのチェック

まず太りやすい食事をしてる人チェック。

①1日の食事が1〜2回

②朝食を抜く

③丼もの・麺類を食べることが多い

④ダイエットだからって野菜ばかり食べている

⑤食事をスイーツで済ませる

⑥平日の夜は毎日のように外食や飲酒をする

⑦よく噛まずに食べる

⑧お腹いっぱいまで食べる

⑨食べ物の好き嫌いがある

コレに1つでも当てはまる人は食事を見直す必要があります。

 

 

糖質を抑えつつタンパク質を摂る

脂肪になる糖質量を抑えつつ
筋肉の元になるタンパク質を多く摂る食事が今は主流になっており
様々なパーソナルジムの食事指導でも実践されています。

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e8%b3%aa

食事を野菜ばかりやスイーツ、朝食を抜いてしまう人は
タンパク質が不足して筋肉量が減り代謝が下がって太りやすい体質になる恐れがあります。

食事が丼ものや麺類・外食や飲酒が多い人は
あまり噛まないせいで食べ過ぎたり
主食や揚げ物でカロリーオーバーになりやすくなります。

人の体はタンパク質を摂ることでアミノ酸から血糖を作ることができるので糖質は不足しません。

 

 

朝食を食べる

特に若い人は朝食を食べない人も多いと思いますが
毎日3回の食事を規則正しく摂ることは体のリズムを整えてくれるので大切です。

%e6%9c%9d%e9%a3%9f

朝食を食べるメリットは内臓の体内時計をリセットして、1日の脳のエネルギー源になる。
エネルギー不足を解消して体重の停滞を避ける。
筋肉の分解を防ぐなどがあります。

また、食事のエネルギー量は
昼>朝>夜のように内臓が活発に昼にエネルギーを摂り
内臓が寝る準備に入る夜は食事量を控え気味に。

 

 

おすすめメニュー

朝食は食べた方がイイけど
朝は時間がなかったり、夜でも仕事から帰って準備が面倒だったりしますよね。
そんな人のためにおすすめメニューを紹介。

%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

主食
焼き鮭・納豆・豆腐・鯖や鰯の水煮の缶詰

豆腐は調理時間もなく食べれて汁物に加えるだけで栄養も食べ応えもアップ。
水煮の缶詰は野菜などと一緒にサッと炒めるだけで作れます。

 

副菜
みそ汁・ゆで卵・ヨーグルト

みそ汁は発酵食品で腸に良く、食事にプラスすると満足感がアップします。
ヨーグルトは無糖のものを選びましょう。

 

コンビニ
サラダチキン・アボガド・チーズ

サラダチキンは割いて・アボガドと一緒にサラダにトッピングするだけでボリュームサラダに。
チーズはおやつでも食事でも簡単に食べられます。

 

 

まとめ

太らない食事の基本は
1日に必要なエネルギーである基礎代謝量分をのエネルギー量を摂ること。
摂取するエネルギーが基礎代謝量を下回ると体が飢餓状態になって
普通の食事量に戻した時に太りやすくなってしまいます。

特に朝食は1日のエネルギーの源になるので抜かすことなく食べるようにしましょう(о´∀`о)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る