レコーディングダイエットの摂取カロリーと適正体重は?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今日はレコーディングダイエットに絶対に必要な
摂取カロリーの決め方と目指すべき体重について紹介したいと思います!!

 

 

摂取カロリーと適正体重!!

レコーディングダイエットに限らずダイエットをする人にとってカロリーとは気になるものですよね。
特にレコーディングダイエットは1日の摂取カロリーを設定して
そのカロリー目指すダイエットです。

まず答えを言ってしまうと

 

身長(ⅿ)×身長(ⅿ)×22=適正体重

 

適正体重×25〜30=1日の摂取カロリー
(×25がおおよその基礎代謝カロリーと考えてイイでしょう)

 

この計算方法は色々な栄養士さんが使っており
また、調べた結果1番簡単に算出できる計算方法かと思います(*^▽^*)

ダイエット

皆さん計算してみてどうでしょうか??

「こんなに食べてイイの?」
「これだけしか食べれないの?」

と色々感想があるでしょう。

 

 

カロリーを節制し過ぎると?

よくダイエット中の人の話しを聞くと
かなり無理にカロリーを節制している人をよく目にしますが
一時は痩せてますが必ず失敗した人ばかりです。

なぜカロリーを無理に節制してたらいけないのでしょうか??

 

人間の身体でカロリーを使うのは筋肉です。
脳もカロリーを使いますがここは置いといて(笑)

筋肉には3種類あります。
骨格筋・平滑筋・心筋
の3種類です。

 

骨格筋
普段ジムなどで鍛える筋肉で私たちの意思で動かせる筋肉。
腹筋や背筋、力こぶ(上腕二頭筋)などがこれです。

平滑筋
内臓の筋肉で私たちの意思とは関係なく動いている筋肉。

心筋
文字通り心臓の筋肉。
心臓を動かし続けるために持久力のある筋肉。

 

つまり私たちの身体を包んでいる筋肉だけでなく
内臓も筋肉で構成されておりカロリーを使って動いています。

カロリーを無理に節制すると
身体にカロリー(エネルギー)がない状態なので
1番エネルギーを使う筋肉が少なくなっていきます。
これがリバウンドしやすい身体になると言います。

rebound

内臓(平滑筋)も一緒で
カロリーを節制し過ぎた無茶なダイエットをすると
便秘・冷え性・立ちくらみ・髪の毛が細る・肌が荒れるなど
体調不良が起きてきます。
最悪の場合脳の萎縮や拒食症・妊娠しにくい身体になってしまいます。

因みに私自身も数年前のレコーディングダイエットでカロリーを節制し過ぎた時は
同じようなことがおきました(笑)

 

ダイエット中でも無理にカロリーを節制するのではなく
健康的に痩せるには
基礎代謝カロリーは必ず摂取するようにしましょう。
できるなら、バランスのイイ食事で!!

食事バランス

 

⇒カロリー0食品の正しい糖質やカロリーの見方についての詳しい記事

 

 

何のダイエットをするにしても
無理せず長いスパンで考えましょう。

何かダイエットの参考にしていただけたら幸いです(●^o^●)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る