マインドフルネスでダイエット中のメンタルをコントロールする方法!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はダイエット中のメンタルについて紹介します。

悩む女性

「思うようにダイエットが上手くいかない。」
「周りの人に太ったと言われた。」
「太っていると思われているような気がする。」 など

ダイエット中はメンタルがコントロールしづらくなります。

これから紹介する瞑想は
マインドフルネスと言われる瞑想法です。

 

 

周りの目が気になる

これは感受性の高い人に見られがちなことで
人の言葉を誇張して受け取ったり
人の目が気になって不安が強くなってしまう傾向にあります。

人の目が気になる

その結果
不安や恐怖感を和らげる為に「食べる」という行動に走って
気分を落ち着かせようとします。

そんな時は

胸に手を当てて「自分は過食をしなくても大丈夫!」と小さな声でつぶやきます。
これをなん度も繰り返して練習しておくと
不安や恐怖感を感じたいざという時に落ち着いた心を取り戻せます。

 

 

お腹一杯でも食べてしまう

こんな人はお腹は満たされているのに脳が満たされていない状態。
最初の一口を丁寧にゆっくり食べて
「食べる瞑想」を行うと食べ過ぎを防止できます。

お腹一杯でも食べる

食べる瞑想とは

①食べる前に今から口にするものの色や形・香りや大きさなどをよく観察してどんな味か想像します。

②ゆっくり口に運んだら、口の中で転がし口の中の全ての感覚を使って味わいながら充分に咀嚼します。

③充分に咀嚼して飲み込んだら、胃に落ちる感覚まで意識を集中して食べます。

このような食べ方をすると
胃の中が満足したことを脳が受容して食べ過ぎを防いでくれます。
短時間の「食べる瞑想」でも過食行動が抑えられたという研究結果もあります。

 

 

目標体重になっても満足できない

このような人は目標体重になっても
体調を崩すほど食事制限をしてしまい
摂食障害を起こしてしまう場合も少なくありません。

目標体重を達成したのに
「早く好きなものが食べたい!」「もっと痩せたい!」と思う人は危険信号です。

摂食障害

このような場合は「呼吸瞑想」が効果的。

呼吸瞑想とは

①椅子に座って足を少し開いて背筋を伸ばす。両手は手のひらを上に向けて膝の上に置く。

②姿勢を保ったまま大きく3回ほど鼻で深呼吸する。

③鼻や気管を通って肺に入る空気の動きや膨らんでしぼむお腹の動きにも意識を集中する。

続ける時間は自由です。

呼吸瞑想を続けることによって自分の存在を受け入れる心に成長していきます。

「痩せるためだけ」ではなく「健康になるため」の食事を摂れるようになります。

 

 

イライラして爆食いしてしまう

イライラしたり怒りを感じた時こそ落ち着いて自分の呼吸の状態を確認。
心が乱れていると
呼吸が止まっていたり・浅くて速い呼吸になりがちです。

イライラ

アンガーマネージメントという理論では
怒りのピークは6秒と言われているので
ゆっくり3回ほど深呼吸すれば怒りのピークは過ぎて心は落ち着きを取り戻します。

心が落ち着けばイライラして爆食いすることも防げるでしょう。

 

 

まとめ

主に呼吸法によるメンタルコントロールを紹介させていただきました。

ダイエットにはメンタルも重要になってきます。
カロリーや糖質などばかりに目を向けず
自分の心にも耳を傾けることが大切だと思います(о´∀`о)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る