ビーマルワン(BMAL-1)とは?体内時計で食事を管理!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はBMAL-1について紹介します。

体内時計

BMAL-1とは細胞内に存在する物質で
脂肪を溜めるためのタンパク質や酵素を増やす指令や
体内時計が正常に働くようコントロールしています。

つまり、BMAL-1が増えれば増えるほど脂肪がつきやすくなるということです。

このBMAL-1の分泌量は
24時間で大きく変動するので分泌が少ない時に食事をすれば
太りにくい食事を摂ることができます。

 

 

BMAL-1の分泌

BMAL-1は
朝の6時頃〜徐々に減少していき14時頃が最も分泌が少ない時間帯になります。

そして、16時頃〜徐々に分泌量が増えて
夜の22時〜夜中の2時頃が最も多く分泌される危険な時間帯になります。

BMAL1

朝食は朝の6時〜8時
昼食は12時〜14時
特に夕食は21時までに済ませたいところです。

どうしても21時以降にしか食べられない人は
脂質と糖質(炭水化物)を控え
野菜とタンパク質中心のメニューにすることをオススメします。

揚げ物やこってりしたものは昼食で食べるようにしましょう。
また、おやつも10時〜14時までに食べるようにしましょう。

3食の摂取エネルギーの比率は
朝3:昼4:夜3になるようにするのが理想的です。

 

絶対に食べてはいけないのが22〜2時の間!
この時のBMAL-1の分泌量は
最も分泌が少ない14時頃に比べて約20倍と言われています。
圧倒的に脂肪になりやすい危険な時間帯です。

 

 

空腹にしない!

空腹の時間が長ければ長いほど
食事を摂ったときの吸収率は上がり溜め込んでしまう体になってしまいます。

空腹を防止して太りにくい体作りをしましょう。

 

軽く間食する

ナッツを食べる女性

次の食事まで時間が空いてお腹が鳴るくらいなら
ナッツ類や果物などを間食しましょう。
ケーキやスナック類は糖質と脂質が多いのでNG。

 

 

水分を摂る

水を飲む女性

水分を摂ると空腹感が紛れます。
ほんの少し糖分が入っている飲み物であればより効果的ですが
飲み過ぎにちゅういしなくてはなりません。
炭酸水であればノンカロリーなのに満足感が得られやすくなります。

 

朝食・昼食はしっかり食べる

しっかり食べる

夕食は控え気味が良いですが
朝食と昼食はある程度の満腹感があるまで食べることで
間食を抑えることができます。

ただし、スイーツを朝食の代わりなどにしてしまうと
朝は吸収が良いので太る原因になりかねないので注意しましょう。

 

軽い運動をする

STする女性

糖尿病の人は空腹時の運動は危険ですが
血糖値の低下が防げるので空腹感が軽減します。
軽い運動なのでストレッチなどでもOKです。

 

 

まとめ

BMAL-1の分泌量で同じものを食べたとしても
太る人と痩せる人に分かれてしまうくらいダイエットに大きな影響を与えます。

どうせ食べるなら太りにくい時間帯の食事やおやつを心がけましょう(*^_^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る