ホルモンバランスでキレイに痩せる!痩せやすい身体を作る3大要素とは?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

今回は12月3日のバイキングで放送された
ホルモンバランスでキレイに痩せるダイエット法
を紹介したいと思います。

 

このダイエット法は
ホルモン治療の第一人者でハーバード大学院卒の
藤森 哲也 医師
が提唱するダイエット法です。

藤森医師

 

人は男女とも40代を過ぎると急激に痩せにくくなりますが
40歳を過ぎてキレイに痩せるには
大きな3つのポイントがあるということなので紹介させていただきます。

 

 

①若返りホルモンDHEA

このホルモンは男性ホルモン・女性ホルモンのもととなるホルモンで
老化を食い止めるホルモンとして今注目されています。

40代になるとこのDHEAは20代の半分になると言われており
DHEAが減少すると身体がさびてきます。
身体がさびるとは
細胞が傷つき老化することで
DHEAは傷つく細胞をガードして老化を食い止めてくれます。

DHEAは日本ではサプリメントはなく医薬品とされており
食べ物で栄養素を摂取しなくてはなりません。

その栄養素とは
ビタミンB₆マグネシウムです。

この2つが含まれている食材は
ビタミンB₆:マグロ・カツオ・サケ
マグネシウム:アーモンド・するめ・カシューナッツ
など身近な食材といえるものばかりですね。

しかし藤森医師がオススメする食材は
ヘンプシードです。
味はナッツ系の味がして美味しいみたいです。
ヘンプシードは麻の実から作られており大量摂取は胃もたれを起こしますのでご注意!!

ヘンプシード

ビタミンB₆・マグネシウムの両方が豊富で
老化を防ぐスーパー食材としてヘンプシードは藤森医師のお墨付きです。

食べ方はサラダやご飯・ヨーグルトにそのままかけて食べるそうで
自然食品店や通信販売で購入可能です。

 

 

②アミノ酸

アミノ酸は筋肉の増加で代謝をUPしてくれて脂肪を燃焼させやすい体にしてくれます。

女性にとってはアミノ酸不足がすると大胸筋という胸の土台の筋肉が減り
ホルモンバランスが乱れて
胸からしぼんで垂れ下がってしまいます。

ちっぱい

これは女性にとっては相当NG案件ですね(笑)

 

アミノ酸を摂取できる最強食材は卵!!

身体で作ることのできない必須アミノ酸を全て含んでいますが
毎日食べるのはNGだと藤森医師は言っています。

それは毎日食べ過ぎると小さなアレルギー反応が起きて
人によっては卵アレルギーになる可能性があります。

卵の正しい食べ方は
1日目:卵3個  2日目:食べない  3日目:卵3個
このような摂取方法だと卵アレルギーになりにくくなるそうです。

 

 

③ビタミンD₃

ビタミンD₃は現代人に最も不足しているビタミンです。
内臓脂肪の減少効果が期待できるビタミン
内臓脂肪の細胞自体を自滅させられる栄養素です。

ビタミンD₃が不足するとメタボになってしまいます。

ビタミンD₃が多く含まれる食材は
しらす・いわし・すじこ・かわはぎ
などがありますが
何と言ってもあん肝がベスト食材と言えるそうです!!

あん肝
他の食材に比べてビタミンD₃が2倍以上含まれています。

私はあん肝が大好きですが、あまり売ってるのを見たことがないですし
コレステロール値が高いのであまり大量には食べれません。

しかし日光を浴びることによって皮膚の表面で生成することができます。
夏は半袖と短パンで1日30分で効果がありますが
日焼け止めを塗ってはいけないそうです。

 

⇒ホルモンバランスで効果的に痩せる方法についての詳しい記事

 

 

皆さんいかがだったでしょうか??
ホルモンバランスで痩せるなんて
「ダイエットもここまできたか!」って感じがしますね(^^♪

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る