ダイエット中に揚げ物が食べたくなったら!食べ方や衣はどうする?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はダイエット中の揚げものについて紹介します。

揚げ物

脂質はダイエット中にも必要ですが
1g当たり9㎉もあるので余計な使用は避けるのが無難。
特に揚げものは揚げ方によっても違ってきます。

食材にできるだけ油を吸わせずに調理する。
食材そのものに含まれる油をできるだけ落とす。

コレがポイントになってきます。

自炊だけでなく外食でも調理法で
どれだけローカロリーにできるか知っておけば
メニューも選びやすくなります。

 

 

揚げ方でカロリーが違ってくる

(高カロリー)フリッター⇒天ぷら⇒フライ⇒唐揚げ⇒素揚げ(低カロリー)

 

フリッター(洋風天ぷら)
フリッター
衣が厚く卵白を泡立てて衣に混ぜてあげるので
油を吸う量も多くなります。
揚げもの系では1番高カロリーになるので気をつけましょう。

 

天ぷら
フリッターよりは油を吸う量は少ないですが
衣も厚いので高カロリーになります。
食材が小さければ小さいほど油を吸い込むので注意を。
特にかき揚げはは天ぷらの中でも油を吸ってしまうので避けましょう。

 

フライ
フライ
衣にパン粉と小麦粉を使用しているので
脂質だけではなく糖質が高くなるので注意が必要です。

生パン粉は油を吸いやすく
細かいパン粉は油を吸いにくいなど
パン粉によっても油を吸う量が違ってくるので
細かいパン粉を使うようにしましょう。

 

 

唐揚げ
衣が薄ければ薄いほど
油を吸う量が少なくなりカロリーを抑えることができます。
揚げる際はできるだけ衣を薄くしましょう。

 

素揚げ
素揚げ
揚げものの中では1番油を吸わず低カロリーな調理法ですが
野菜などの水分が多い食材は油を吸う量が多くなります。
素揚げなら肉や魚介類の方がオススメです。

 

ダイエット中に
「どうしても揚げものが食べたい」という人は
肉や魚介類の素揚げを。

 

 

揚げもの以外の調理法

(高カロリー)揚げる⇒焼く⇒蒸す⇒茹でる(低カロリー)

 

揚げる
上記で説明した通り
揚げものの中でも素揚げは低カロリーですが
調理法の中では油に浸しているので1番高カロリーになります。

また、揚げ時間が長ければ長いほど
油を吸う量が多くなるので高温でサッと調理しましょう。

 

焼き
網焼き
食材を焼く場合は網焼きにすることで
油の使用量を約20%カットして
フライパンでも約10%カットできます。

焼きものの時は網焼きを選択しましょう。

 

蒸し
調理する際は
油を使わないのでローカロリーですが
焼きのように食材に含まれる油を落とすのは難しくなります。

蒸し料理の時は脂質の少ない食材を選びましょう。

 

茹でる
茹でる
茹で料理は油を使わず
食材に含まれる脂質を大幅にカットすることができる調理法です。

しゃぶしゃぶや茹で豚などかなりのカロリーダウンが期待できますが
茹で汁での〆は辞めましょう。
煮込み料理も汁はご飯にかけたりさず残すことを心がけましょう。

 

特に肉料理では焼く・蒸す・茹でる調理法はカロリーをダウンさせます。
できるだけ茹でた食材で味付けは塩などでシンプルに食べましょう。

 

⇒ノンフライ調理と通常の揚げ物についての詳しい記事

 

 

まとめ

揚げものや他の調理法でも
調理法さえ選べばカロリーと余分な油は大幅にカットすることができます。
自炊でも外食する時でも考えてみるのもアリではないでしょうか(*^ω^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る