太らない料理法でお腹いっぱい食べる!カロリーをダウンさせる方法!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は太らない料理法でお腹いっぱい食べる方法について紹介します。

ダイエット中でもお腹一杯

ダイエットで食べる量を我慢したら
反動で食べちゃってリバウンドしたり
ストレスが溜まってイライラしたりする人も多いのではないでしょうか?

そんな時は料理をする時に一手間加えるだけで
大幅にカロリーをダウンさせることも可能になるので
いくつか紹介していきます。

 

 

脂身や皮はカット
肉の脂身は調理前にカットすることで脂質を約50%カットできます。
また、鶏肉の場合皮は100gで513㎉あり脂質が51.6gも含まれる
超高カロリーな部位なので
剥ぎ取るだけで大幅なカロリーダウンになります。

 

 

ホイル焼き
ホイル焼き
ホイル焼きはフライパンとは違い
油を追加して使用せずとも調理できます。
焦げたりする心配もないので安心して調理できます。

 

 

下茹で
サシが入っている肉は取り除きにくいので
下茹でして調理するようにしましょう。
脂がのった魚もサッと湯通しすることで油を落とし
匂いを抑えることもできます。

 

 

アクをこまめに取る
アクを取る
材料に脂がのった魚や肉・皮付きの鶏肉などを使った
煮物や鍋のアクには油がたっぷりと含まれています。

これらのアクをこまめに取り除くだけでも大幅なカロリーダウンが期待できます。
鍋の場合は〆まで食べてしまうと糖質と脂質を取りすぎてしまうので避けましょう。

 

 

テフロンのフライパンを使う
通販やディスカウント店でも手に入るようになった
テフロン加工のフライパンは調理中の油の量を減らすことができるのでぜひ。

焼く時に脂身や鶏皮を先に下にして焼くことで
脂を落とすことができるので
フライパンにたまった油は
キッチンペーパーでこまめに拭き取るとさらに効果的です。

 

 

素材は大きくカット
揚げものは
小さい食材の方が衣がたくさんついて油を吸収し高カロリーになるので
材料は大きめにカットしましょう。
また、衣も厚ければそれだけ油を吸収するので薄めにつけましょう。

 

 

調理時間は短く
揚げる
揚げものや油をしいてフライパンで調理する際
時間が長ければ油を吸って高カロリーになるので調理時間は短くしましょう。

火が通りにくい食材は
最初に下茹でなど工夫すれば火が通りやすくなります。

 

 

キッチンペーパーを使う
フライや天ぷらなどを揚げた後は
キッチンペーパーの上に置くことで
より油を吸ってくれるのでカロリーをダウンさせることができます。

レンチンで温め直す時もキッチンペーパーを忘れないようにしましょう。

 

 

揚げない唐揚げ粉を使う
揚げない唐揚げ
今ではどこのスーパーでも売ってあるし
通常の唐揚げに比べて
鶏肉にまぶしてフライパンやオーブンで焼くだけなので
カロリーを20%以上カットできます。

肉はムネ肉やササミにすることでさらにカロリーをカットできます。

 

 

まとめ
料理中に一手間加えるだけでカロリーを減らす方法でした。
面倒臭く感じるかもしれませんが
どう考えても

そのまま食べた脂(油)のカロリーを消費するために運動に出かける方が面倒臭いと思います。

「ひと手間で痩せられる」と思ったらそんなに面倒臭くないと思います(´∀`)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る