ダイエット中にコンビニでパンを食べるなら!選び方を紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はコンビニのパンの選び方について紹介します。

コンビニパン

コンビニのパンは新商品が次々と発売されて目を引きます。

また、仕事で弁当すらも食べる時間がない人は
パンを選ぶと思いますが
コンビニのパンにも太らない選び方があります。

⇒太らないコンビニ弁当の選び方の詳しい記事

 

 

オススメのパン

パンも具材が多く使われているものを選びましょう。

 

フレンチトースト
フレンチトースト
タンパク質とカルシウムが摂れる
卵や牛乳にたっぷりと浸して焼いてあるので栄養価が高くなります。
砂糖がまぶしてあったり
クリームがはさんであるものは避けましょう。

 

ピザトースト
パンの中でもチーズやトマト・ピーマン・オニオンを
のせて焼いてあるので
カルシウムやビタミン類・食物繊維が比較的に摂れるパンになります。

具は多くなっていればいるほどバランスは良くなります。

 

クロワッサンサンド
クロワッサンサンド
クロワッサンはバターが使用されているので
脂質が高く避けがちですが
実は小麦粉の使用量は意外と少なく
6枚切りの食パンよりヘルシーとされています。

クロワッサン単体よりも
卵やスモークサーモン・ハム・トマトやレタスがサンドされているものは
満足感と栄養バランスがアップします。

 

クロックムッシュ
一般的にはハムやチーズがサンドされているものが多いので
カルシウムやタンパク質・ビタミンB類など多くの栄養素が含まれています。
野菜がサンドされているものであれば
食物繊維やビタミンCなども摂ることができます。

 

エッグベネディクト
エッグベネディクト
メインが良質なタンパク質が含まれる
卵から作られるポーチドエッグなので栄養価が高くなります。
そこに野菜がトッピングされていると理想的です。

 

 

避けるべきパン

甘いパン・炭水化物を具材に使ったパンは高糖質で高脂質なので避けるようにしましょう。

 

メロンパン・ジャムパン
両方とも高カロリーで消化が早いので
腹持ちも悪く血糖値が急上昇するので
脂肪として蓄積しやすくなります。

ジャムパンはジャム(クリーム系)にも
多くの糖質が含まれているので避けるようにしましょう。

 

コロッケパン・焼きそばパン
コロッケ・焼きそばパン
炭水化物であるパンに
炭水化物の具材をはさんだW炭水化物の代表格。

ソースもかかっていて
他に目立った具材も入ってないので
糖質しか食べてないと言っても過言ではありません。

 

揚げパン
パンは油を大量に吸収してしまう上に
砂糖がたっぷりまぶしてあるので高脂質・高糖質の組み合わせ。
消化スピードも早いので血糖値が急上昇します。

 

ベーグル
ベーグル
脂質が少なく、特に濃ゆい味付けやトッピングがされていないので
そのまま食べればヘルシーと考えがちですが
ベーグル自体がギュッと詰まっているのでエネルギー密度が高くなってしまいます。

 

 

まとめ

パンを選ぶ時は
甘いパンや炭水化物が具材に使われているパンは避けて
具だくさんのパンを選ぶようにしましょう。

パンを食事にすると
どうしても食物繊維やタンパク質が不足になりがちなので
パンを数個買うなら1個減らしてサラダや卵をプラスするようにすれば
栄養バランスが整いカロリーも減らしやすくなります)^o^(

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る