甘いもの・炭水化物・油ものを食べ過ぎをリセットする食事方法!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は食べ過ぎた時のリセット方法について紹介します。

食べ過ぎ

パスタやピザ・ラーメン・スイーツなどの糖質(炭水化物)
揚げ物や焼き肉などの油ものである脂質を
食べ過ぎることってあるかと思いますが
コレらは全てリセットしないとすぐに脂肪となりブクブク太ってしまいます。

糖質や脂質を食べ過ぎた時のリセット食材と栄養素を紹介します。

 

 

糖質のリセット

糖質は体を動かすエネルギーとなる栄養素で
運動を定期的に行なっている人は
運動でエネルギーとして消費させてしまうので
スイーツや炭水化物などの糖質を食べ過ぎても
比較的リセットするのは難しくありません。

しかし、運動をする習慣がない人は
エネルギーとして糖質を消費できず
筋肉や肝臓でも貯蔵しきれなかった糖質は
脂肪へと変換されて蓄積してしまいます。

そこで、糖質の代謝をアップさせてくれる栄養素をたっぷりと摂りましょう。

特にオススメはビタミンB1!
豚肉に豊富に含まれています。

 

ビタミンB1
豚肉
豚肉・レバー・玄米・日本そば・枝豆・そら豆など

 

ナイアシン
エリンギ・舞茸・落花生・鶏ムネ肉・レバー・ササミ

 

マグネシウム
玄米
玄米・海藻類・野菜類・大豆製品

 

クロム
胚芽・魚介(あさり・穴子など)・肉類・野菜・海藻類

 

ビオチン
卵
卵・レバー・豆類・種実類(アーモンド・クルミなど)

 

パントテン酸
鶏肉・レバー・卵・たらこ・いくら・キノコ類・アボカド・納豆

 

コエンザイムQ10
牛肉
牛肉・豚肉・青魚・ナッツ類・大豆

 

 

脂質のリセット

揚げ物や焼き肉などで摂り過ぎた脂質は直接体脂肪として蓄積されます。
また、体を動かした時のエネルギーとして
糖質から使われていくので脂質は消費されにくくなります。

糖質・タンパク質は1g当たり4㎉ですが
脂質は1g当たり9㎉もあるので消費するのは大変難しいといえます。

そこで、脂質の代謝を助けてくれる栄養素を摂ることで
体内に残ってしまう脂質を使い切ってしまいましょう。

脂質の代謝に特にオススメな栄養素はビタミンB2。

ビタミンB2は脂質だけでなくタンパク質や糖質など
他の栄養素の代謝も助けてくれるので
摂りたいリセット食材ナンバー1といえます。

 

ビタミンB2
レバー
レバー・卵・青魚・牛乳・ヨーグルト・納豆

 

Lカルニチン
肉類(牛肉・ラム肉)・赤身魚(鰹・マグロ)

 

大豆サポニン
納豆
納豆・豆腐

DHA・EPA
青魚・鮭

 

ナイアシン・マグネシウム・クロム
ビオチン・パントテン酸・コエンザイムQ10
糖質をリセットする食材と同様

 

 

まとめ

糖質と脂質をリセットする食事方法は
ガッツリ食べた時だけではなく「ちょっと食べ過ぎたかなぁ」って思ったら
リセット食材を食べることでプチリセットにも役に立ちます。

リセット食材に運動を合わせればさらに効果が期待できます(^ー^)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る