ぽっちゃり女子ブーム到来?人の目が気にならなくなる方法も!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は2月9日の「クローズアップ現代+」で放送された
ぽっちゃりブームについて紹介したいと思います!!

ぽっちゃり

今ではぽっちゃり体型向けのファッション誌や婚活パーティーがあり
また、ぽっちゃりした芸能人やアナウンサーなどが人気なことから
ぽっちゃりブームが到来したと言われています。

 

 

ぽっちゃりブーム到来

今や男性女性問わずぽっちゃりした人達の好感度が上がっています。
特に、ぽっちゃり女子ブームの先駆けとなったのは
「lafarfa」という雑誌で
ぽっちゃり体型女子のファッション誌で10万部売れ
その後ぽっちゃり男性向けの雑誌も発売されました。

lafarfa

「太った自分をありのまま受け入れよう」というコンセプトに多くの人が共感しました。
今までは「ダイエットしなきゃ」「痩せなきゃ」という
強迫観念や周りの目が気になる人も多かったようですが
ありのままを受け入れる事でそのようなことも考えずに
自分らしく過ごしている人も多くなってきました。

 

 

恋愛観や結婚観

ぽっちゃりブームは恋愛観や結婚観さえも変えつつあります。
「人材派遣会社が男性にぽっちゃり女子は好きか?」
という調査をしたところ
2015年では40% 2016年には73%の男性が
ぽっちゃり女子が好みだと答えています。
また、女性の73%も
ぽっちゃり体型の男性は恋愛と結婚対象であると答えています。

婚活

欧米の食事が日本で広まり始めた頃から
肥満はだらしない・怠惰・自己管理ができていないなど
マイナスのイメージが強くありました。
逆に、体を絞ってスリムになる人の方がアクティブなイメージがつきました。
時代の変化によりぽっちゃりの人を見る目やイメージというのは変わってきたようです。

 

 

健康はどうなの?

ぽっちゃりで気になるのは健康のこと。
2013年にアメリカの疾病対策センターが
体型と死亡リスクの関係について人種や地域を越えた大規模な調査を行ったところ
BMIが25〜30(肥満度1)の人が最も死亡リスクが低いという調査結果が出ました。

ぽっちゃり

その事から日本でも「小太りが一番長生きする」などと言われましたが
多くの研究者は「肥満が不健康という定説を覆すものではない」という
主張をしているそうで
肥満パラドクスという議論が繰り広げられています。

 

 

まとめ

ぽっちゃりブームが到来しましたが
ぽっちゃりには明確な基準はなく1人1人の価値観などで決められています。

太っている自分を1度受け入れて
痩せたかったら痩せればイイし、そのままで良いならそのままでイイと思います。
常に「ダイエットしなきゃ」「痩せなきゃ」と思っている方が不健康になるかもですね(^O^)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る