生姜ココアの効果や作り方は?飲むタイミングいつなの?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は生姜ココアについて紹介します。

生姜ココア

生姜ココアってことばだけ聞くと「それって合うの?」って思いますよね。
ココアに生姜が合うなんて思いませんでしたが
TVや様々な関連書籍が出版されており
飲むだけで様々な効果と手軽さでブームになっています。

 

 

生姜ココアの効果

生姜ココアには多くの効果があります。

 

むくみ腸の解消
むくみ腸
ぽっこりお腹は皮下脂肪や内蔵脂肪が原因ということもあるのですが
むくみ腸も大きな原因の1つ。

むくみ腸とはその名の通り
腸が余分な水分を回収しきれずむくんでしまうことで
そのため、お腹がポッコリしてしまいます。
最悪の場合、大腸ガンになる可能性だってあります。

⇒むくみ腸についての詳しい記事

 

便秘解消
コレもぽっこりお腹の原因の1つで今では女性・男性関係なく悩む人は多くいます。

生姜ココアで使うピュアココアには
食物繊維が豊富に含まれており便秘解消を解消してくれます。
また、ポリフェノールも豊富なので糖の代謝を助け脂肪の蓄積を防いでくれます。

 

脂肪燃焼効果
脂肪燃焼効果
生姜に含まれるショウガオール
ココアに含まれるテオブロミンは
血管を拡張させ血流と体温を上げてくれる効果があります。

血流が悪いと冷え性となり基礎代謝が上がらず太りやすい体質になりますが
血流が良くなり体温が上がることで痩せ体質に改善できる効果が期待されています。

 

その他にも

リラックス効果
アレルギー抑制
美肌効果
疲労回復   などの効果が期待されています。

 

 

作り方

生姜ココアの作り方はとても簡単です。

生姜ココア 2

【材料】

ピュアココア         5g(小さじ2杯半)
(砂糖や乳脂肪分を含んでない)

生姜                   5g(小さじ1杯)
(皮ごとすりおろし)

お湯               200㎖

 

【作り方】

お湯にピュアココアを溶かしてしょうがを入れて混ぜるだけ。

 

ピュアココアは砂糖を含まないため苦いので
はちみつ(小さじ2杯半)入れると美味しく飲むことができます。
砂糖入りのココアだと糖分を摂り過ぎてしまう可能性も。

市販のチューブタイプの生姜でもOKですが
ショウガオールが少な目なので
ココアに7.5g(小さじ1杯半)入れましょう。

味自体は
甘味は無くても苦くないので飲みやすいそうです。

 

 

飲むタイミング

食事をする女性

TVでの紹介や多くの人は生姜ココアを朝と晩の1日2回飲んでいました。
特に食事の前に飲むことで効果が出やすいようです。

お腹に何も入ってない状態なので
生姜ココアの栄養を余すことなく吸収してけれて
食事の前に飲むことで自然と食べる量を抑えられたのかもしれませんね。

 

 

まとめ

手軽で効果があると注目されている生姜ココアを紹介させていただきました。

生姜ココアを飲んでいる間は食事の量を減らす必要はありませんが
生姜ココアを飲んでいるからといって食べ過ぎれば太りますのでご注意を( ^ω^ )

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る