うどんとそばの太りにくい食べ方は?カロリーも紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はうどんとそばの太りにくい食べ方について紹介します。

うどんとそば

サッと食べられるうどんとそばは老若男女問わず人気の食べ物です。
しかし、両方とも糖質(炭水化物)量が高くなり
間違った食べ方をすれば肥満の原因に直結します。

また、ご飯やおにぎりなどを一緒に食べてしまうと
W炭水化物となり明らかに糖質過多になります。

 

 

太りにくいメニュー

うどんとそばは
基本、どしても野菜が不足しがちになるので
野菜系のおかずやトッピングを付けるようにしましょう。

 

納豆ぶっかけそば  カロリー:505㎉
納豆おろしそば
納豆の原料は大豆でタンパク質・食物繊維が豊富で
発酵してあることから納豆菌も含まれているので
非常に栄養価が高い食品です。

この納豆と血糖値が上がりにくい日本そばは
かなり栄養価の高い組み合わせになります。

 

鴨せいろ(鴨南蛮)  カロリー:520㎉
鴨肉には脂肪燃焼効果を促進してくれるL-カルニチンと
タンパク質が豊富なのでオススメです。

 

かき玉そば  カロリー:430㎉
かき玉そば
かき玉に使われる卵には
タンパク質・ミネラル・ビタミンなどが含まれており
完全栄養食といわれるほどなので栄養バランスが良くなります。

 

天ざる  カロリー:541㎉
天ぷらにはタンパク質・ビタミン・ミネラルが含まれる
食材が多く使われるので栄養バランスが整いやすくなります。

天ぷらは野菜の方が油を吸いやすいのでご注意を。
また、天ぷらは衣が薄い方が
脂質と糖質を抑えられることを覚えておきましょう。

 

鍋焼きうどん  カロリー:506㎉
鍋焼きうどん
さまざまな具材が入っているし
お肉や野菜・卵などを入れて煮込むだけで味を損ないにくく
栄養バランスが良いメニューです。
体を温めることもできます。

 

 

太りやすいメニュー

あっさりシンプルなので全体的に低カロリーですが
栄養が偏り過ぎているものがほとんど。
栄養バランスを整える工夫をしましょう。

 

きつねそば  カロリー:441㎉
きつねそば
お揚げは大豆から出来ていますが
甘辛く煮てあるので糖質をたっぷり染み込ませています。
その他にも具材がほとんどないので糖質過多になってしまいます。

 

たぬきうどん  カロリー:369㎉
カロリーは低めですが
具として入っている揚げ玉は糖+油の塊。
他の具材も入ってないのでオススメできません。

 

もり(ざる)そば  カロリー:275㎉
ざるそば
シンプルでカロリーも低いですが
麺のみで具材がないので
野菜や卵などを一緒に食べて栄養バランスを整えるようにしましょう。

 

山菜そば  カロリー:329㎉
山菜が入っていて食物繊維が摂れるので太りにくいように感じますが
実はタンパク質を含む具材が入っていないのを見落としがちに。
卵などのタンパク質を含む食材をプラスしましょう。

 

なめこおろしそば  カロリー:331㎉
なめこおろしそば
おろしそばには大根やなめこが含まれているので
食物繊維をたっぷり摂ることができますが
これもタンパク質不足なメニュー。

納豆や卵など一緒に食べましょう。

 

⇒ダイエット中のラーメンの食べ方についての詳しい記事

 

 

まとめ

うどんとそばの太りにくい食べ方でした。
メニューを選ぶ際は
具だくさんで栄養の偏りがないようにしましょう。

カロリーも紹介してますが
お店や商品が違えば多少変わってきますので目安にして下さい(#^^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る