太らない洋食おかずの選び方!カロリーだって気になる!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は太らない洋食おかずについて紹介します。

洋食おかず

ステーキにグラタン・シチューにコロッケと
洋食は美味しいものが多いですよね。
管理人である「ほし」も大好きです。

しかし、中には
「洋食はカロリーが高くなるから避ける。」
なんて人もいるのではないでしょうか。

今回は太らない洋食おかずの選び方と
カロリーも一緒に紹介していきます。

 

 

選ぶべき洋食おかず

食べ過ぎはダメですが
洋食を選ぶなら「コレ!」というものを紹介。

 

牛ヒレステーキ(100g当たり)輸入牛:133㎉ 和牛223㎉
*カロリーは焼く前のヒレ肉のカロリー。
牛ヒレステーキ
牛肉の中でも脂身が少なく
筋肉の栄養となるタンパク質や
脂肪の燃焼を促してくれるL-カルニチンが豊富。

噛み応えがあり満腹感も得られやすくなります。

 

ヒレカツ ヒレ肉80g:223㎉
豚ヒレも豚肉の中で脂身が少なく
タンパク質が豊富で
糖質の代謝を促すビタミンB1も豊富なお肉。

衣は薄めにしましょう。

 

ロールキャベツ 1個:132㎉
ロールキャベツ
ひき肉からはタンパク質
キャベツからはビタミンやミネラル・食物繊維がまとめて摂れます。
惜しむべきは歯応えがあまりないこと。

ソースにも気を遣い
コンソメ系やトマト系にすると
栄養バランスが整いやすくヘルシーに食べられます。

 

鮭のムニエル 1切れ:208㎉

実は白身魚に分類される鮭に含まれる油は
EPAやDHAが豊富なので
血液をサラサラにする
血中コレステロールや中性脂肪を減少させる
悪玉コレステロールの除去する   など
体にとって嬉しい効果が。

鮭自体が80g当たり110㎉というのも魅力的です。

 

 

避けるべき洋食おかず

ここからは
「ダイエット中に食べるのはちょっと・・」というおかず。

 

カニクリームコロッケ 1個:220㎉
カニクリームコロッケ
カニ以外の具材がなく
クリームソースと衣で脂質と糖質がアップします。

歯応えがないので満腹感も得にくいおかず。

 

コロッケ 1個:200㎉
コロッケの大部分が糖質を多く含むジャガイモに
ソースがかかるとさらに糖質がプラスされます。
主食のご飯やパンを食べてしまうと明らかに糖質過多になります。

 

グラタン  1人前:510㎉
グラタン
マカロニとホワイトソースには糖質と
バターやチーズの脂質がたっぷり。
そこにご飯やパンの糖質が追い打ちをかけてきます。

ドリアも同じ理由で避けるべきです。

 

サラダ  1人前:35㎉
カロリーだけ見ると
かなり低カロリーな食べ物でヘルシーに感じますが
タンパク質となる食材が含まれていないので
サラダだけという食事はやめましょう。

きちんとおかずも食べたり
卵やツナなどのトッピングをするように心がけたり
ドレッシングもノンオイルは意外にも糖質の宝庫なので
安易に使わないようにしましょう。

⇒ダイエット中にハンバーガーが食べたくなった時の選び方についての詳しい記事

 

 

まとめ

太らない洋食おかずの選び方でした。

意外とガッツリ系の方が太りにくいメニューが多かったような気がする洋食。
カロリーは目安程度に考えてください(*‘ω‘ *)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る