酢しょうがの日持ちや保存は?ダイエット効果や方法も紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は酢しょうがについて紹介します。

酢しょうが

酢しょうがとは
簡単にいうと「しょうがの酢漬け」のことで
体に良さそうですがどんな効果があるのでしょうか?

特にダイエットについてや日持ちについて紹介していきます。

 

 

酢しょうがの作り方

まずは酢しょうがの作り方。
ポイントはしょうがは皮ごと使うこと!!

【材料】

しょうが   100g

お酢     100㏄

はちみつ   20g

 

【作り方】

①よく洗ったしょうがを1㎜幅くらいに薄くスライス。
*みじん切りやすりおろしでもOK

②容器にスライスしたしょうがを入れてお酢を注ぎます。

③最後にはちみつを加えて軽く混ぜ、冷蔵庫で一晩漬けておけば完成。

 

瓶などの保存容器は熱湯消毒してから使いましょう。
しょうがの辛味が苦手であれば2~3日漬けておくと
辛味がまろやかになって食べやすくなります。

 

 

酢しょうがダイエットの方法

しょうがは食べ過ぎれば胃腸を刺激して
体調を崩す可能性があるので食べる量はちゃんと守りましょう。

しょうがは1日10~20g(親指の先で10gほど)で
お酢は15~30㎖(大さじ1~2ほど)までにしましょう。
食べる際はそのままでも加熱してもOK。

調理の際に料理の隠し味や薬味として食べたり
紅茶に混ぜて飲んだりと使い方は色々あります。

酢しょうがを温めて食べることで
冷え性の改善が期待できます。

 

 

酢しょうがのダイエット効果

酢しょうがには嬉しい効果が色々!!

脂肪の蓄積を防ぐ
生のしょうがには「シンゲロール」という辛み成分が
豊富に含まれており
血糖値の急上昇を抑え、脂肪の蓄積を防いでくれるので
食後の脂肪の蓄積を防いでくれます。

つまり、シンゲロールを多く摂りたいのであれば
酢しょうがは加熱しないで食べるのがオススメです。

 

体脂肪を減らす
お酢の中には酸味の素となる「酢酸」という成分が含まれており
酢酸には脂肪の燃焼をアップさせて蓄積を防ぎ
体外に排出する働きがあるそうで
お酢も一緒に摂るとダイエット効果はアップするでしょう。

 

冷え性改善
しょうがには「ショウガオール」という成分が
含まれていることは有名ですがこの成分が冷え性を改善してくれます。

しかも、温めて食べることでショウガオールの量が増加して効果もアップ。
冷え性が気になる人は酢しょうがを温めて食べると良いでしょう。

 

他にも
アンチエイジング効果
美肌効果
風邪の症状の緩和  など

嬉しい効果がたくさんあります。

 

 

酢しょうがの日持ち

酢しょうがの基本的な日持ちは
冷蔵庫で2週間とされており

スライスしたしょうがは2~3週間
みじん切りやすりおろしのしょうがを使用した場合は7~10日
日持ちすると言われています。

しかし、保存容器に雑菌が繁殖すると危険なので
保存期限内でもできるだけ早く食べて
味や臭いに異常を感じたら食べるのは中止しましょう。

期限内に食べれそうになければ
製氷皿に入れて冷凍させておけば
2ヶ月ほど日持ちさせることができます。

 

⇒酢玉ねぎダイエットの詳しい記事

⇒レモン酢ダイエットの詳しい記事

 

 

まとめ

酢しょうがダイエットについての記事でした。
色々な料理に使い勝手の良い酢しょうが
続けやすいのではないでしょうか(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る