ユーグレナの副作用と効果は?最近目にするスーパー食材は凄すぎる??

抹茶
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今日は最近ダイエットなどで注目されている
「ユーグレナ」について紹介したいと思います。

抹茶

見た目は抹茶みたいですね(笑)

最近飲み物や味噌汁、ダイエット食品などに含まれていて
コンビニなんかでよく目にすることも多くなってきましたが
何故こんなにも注目されるようになったんでしょうか??

 

 

ユーグレナって?

ユーグレナの正体は「ミドリムシ」です。
藻の一種なんですが
動物でもあり植物でもあるとのこと。

そんなユーグレナは

①善玉菌を増やして便秘解消に効果的!
ユーグレナを食べると腸内環境を整えることによって善玉菌が増えるらしいですね。

牛乳に入れて18時間置いておくと
ユーグレナをエサに乳酸菌(善玉菌)が大量に増加してヨーグルトに変化するそうです。

便秘解消

これは女性にかなりオススメですね(^^♪

 

②ユーグレナにしか持っていない成分「パラミロン」が余計な脂肪とプリン体を吸着し排出!
例えるなら掃除のプロで頑固な脂肪も落としてくれて
消化もされにくいので脂肪を掴んだまま排出してくれるとか。

30~50代の人で2ヶ月間ユーグレナを摂取させたら
中性脂肪が17%も減少した研究結果も。

しかも脂肪だけでなく
痛風の原因のプリン体も排出するんだそうです。

脂肪減少

飲むだけでこんなに中性脂肪が減るなんてかなりダイエット効果が高い食品ですね(#^.^#)
しかもプリン体まで。
飲み会の多いこの時期には嬉しい効果ですよね。

 

 

③とにかく栄養満点
ユーグレナを紹介していたお医者さん曰く
「ドラゴンボールの仙豆みたいなもの」とか(笑)

ミネラル9種類 ビタミン14種類 アミノ酸18種類 その他18種類
と栄養素がユーグレナだけで59種類も含まれています。

しかも体内で作れず体外から摂取しなくちゃいけない
必須アミノ酸が全部!

青魚にはよく含まれる
オメガ3脂肪酸・DHA・EPAが含まれています。

また、ユーグレナには細胞壁という細胞の壁がないのでかなり栄養素の吸収率が良く
生野菜の吸収率が40%に対し
ユーグレナが93.1%とかなり吸収効率の良い食材ですね。

こんなに色々栄養素が含まれているのに
なんとカロリーはゼロ!!

栄養

ダイエットをすると栄養をバランス良く摂取するのは難しいもの。
上手く取り入れてダイエットしても身体を健康的に保ちたいですね!

 

④さらにユーグレナはここが凄い!
ここまででも十分凄いユーグレナですが

インフルエンザの緩和

肝機能の保護

化石燃料に代わるバイオ燃料になる

と人だけでなく地球も救うと
かなり万能すぎますね(笑)

 

 

副作用

スーパー食材ユーグレナでも注意点はあります。

脂を外に排出するので
脂溶性ビタミンであるビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK
も一緒に排出する可能性もあるので摂取し過ぎはオススメできないそうです。

適量は1日0.5g(小さじ4分の1)程度で十分だそうで
かなり少な目でOK!!

 

 

副作用と言えるのはこれだけだそうです(笑)

 

 

こらだけローリスク・ハイリターンな食材はユーグレナだけで
坂上忍さんの番組用のサンプルを強奪してしまう程。

ダイエットだけでなくユーグレナは今からよく耳にするようになるかもですね(´◉◞౪◟◉)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る