アラフォーが太る原因と痩せ方は?脂肪をどうにかしたい!

sponserd link
  1. こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はアラフォーの太る原因と痩せ方について紹介します。

「年々、歳を重ねるごとに痩せなくなった。」と感じて
増えていく脂肪がにくくなる人も多いのではないでしょうか?

女性は男性に比べてホルモンの働きにより
皮下脂肪がつきやすく丸みのある体型になります。
30~40代になると代謝も低下するので
更に脂肪はつきやすく痩せにくい体になります。

そんなアラフォーの太る原因や痩せ方を紹介していきます。

 

 

皮下脂肪って何?

よく聞く脂肪には
男性に多くメタボ体型になる内臓脂肪と女性に多く洋ナシ体型になる皮下脂肪があり
閉経後には皮下脂肪が内臓脂肪へと変わっていきます。
皮下脂肪は見た目に影響する程度ですが
内臓脂肪として蓄積すると生活習慣病などになるリスクがあります。

そもそも、皮下脂肪は
食べ過ぎたり運動不足のせいで使い切れなかったエネルギー(糖)が
脂肪となったものが溜まっていったものです。

 

 

太る原因

30~40代の女性が太る原因はいくつかあるので主なものを紹介していきます。

 

エネルギータンクだから痩せづらい
脂肪とは、飢餓時代があった人類が
同じような事態に陥った時に使えるようエネルギーの予備タンクとして溜めているのが皮下脂肪。
素早く使えるように体の中心である、お腹やお尻につきやすく洋ナシ体型になってしまいます。

また、比較的に落としやすい内臓脂肪と違い
体温を逃さない皮下脂肪は熱を伝えにくい性質があるのでついたら落ちにくいのが特徴です。

 

食事を家族に合わせてしまう

代謝が落ちるアラフォーとなった時に
子どもが食べ盛りとなって高脂質・高カロリーな食事になったり
旦那さんの食事に合わせてしまってカロリーオーバーになってしまいます。

自分より家族の食べたいものに基準を合わせてしまうと、どうしても太りやすくなります。

 

 

ホルモンで脂肪が溜まりやすい
脂肪を溜め込み、女性らしい丸みのある体になるのは
「エストロゲン」というホルモンが分泌されるため
男性より女性の方が脂肪を溜め込みやすくなります。

特に代謝が下がる30〜40代になると
脂肪はさらに燃えづらくなり、つきやすく落ちにくくなります。

 

 

痩せ方

実は30~40代になっても
時間はかかりますが少しの心がけで痩せれたりします。

 

糖質をセーブしてタンパク質を摂る

糖質は脂肪のもととなる栄養素ですが
体を動かす燃料なので完全に抜いてしまうとエネルギー不足になります。
ご飯やパン・麺類を今よりも少なくするようにしましょう。

糖質は少なくしても
肉や魚・卵などタンパク質は摂るようにすると
筋肉を減らすことなく脂肪を燃焼してくれる体になります。

キツイ運動をしなくても
階段を使うようにしたり、ちょっとの距離は歩くようにするといった
体を動かすことを心がけるとより痩せやすくなります。

 

鏡で自分をチェックする

鏡の前で裸になり自分の体を見てみましょう。
普段は洋服で隠れているたるんだ脂肪も目で見て認識するだけで
痩せる意識は全然変わってきます。

気になるところをマッサージして刺激するだけでも
痩せるのに効果的です。

 

⇒糖質カットサプリについての詳しい記事

 

 

まとめ

当たり前のことのように感じるものばかりかもしれませんが
この当たり前を実行するだけで少しずつ脂肪は減っていきます。
痩せないってことは実行しているつもりでもどこか見落としてる所があったりします。

もう1度自分の生活を見直せば改善点が出てくるかもしれません(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る