ココアダイエットの飲むタイミングと量は?女性に嬉しい効果も!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はココアダイエットについて紹介します。

特に冬になると店頭に並び飲みたくなるココアですが
近年ではココアの健康効果が科学的に分析・研究されており注目を浴びています。

美味しいだけじゃない
ココアの魅力をたっぷり紹介していきます。

 

 

ココアの効果

ココアには嬉しい効果がたくさん。
ヤセ効果だけではなく、健康効果も期待できます。

 

メタボ予防

食物繊維を摂取することは
高脂血症や高コレステロールなどの生活習慣病を改善するのに効果的。
ココアには「リグニン」という不溶性食物繊維が含まれており
腸を活発に動かしてお通じの改善や
コレステロールを低下させるなどメタボ予防が期待できます。

 

冷えとむくみの解消
ココアに含まれるテオブロミンやカカオポリフェノールには
手足の血管を拡張させ、血流を改善する働きがあるので
冷えの改善やむくみを解消してくれます。

 

日焼けのダメージを軽減

フラボノールが含まれるココアを飲むことで
日焼けによって肌が赤くなるダメージが軽減されたと
ドイツの研究による報告があります。

 

血圧を改善する
エピカテキンを1日50㎎以上摂るという条件はありますが
海外の研究で
ココアを定期的に飲むことで高めだった血圧を下げたという報告があります。

 

 

動脈硬化を防ぐ

動脈硬化は血管内にコレステロールが溜まることによって引き起こされます。
カカオポリフェノールはコレステロールが溜まるのを防ぎ
動脈硬化の予防に効果があります。

 

脳が活性化する
ココアに含まれるテオブロミンには
大脳皮質に刺激して集中力や記憶力を高める効果があり
カカオポリフェノールには
脳の神経細胞の活動を活発にするタンパク質を増やす働きがあるそうです。

 

 

ココアの選び方

ココアはよく市販されているミルクココアではなくピュアココアにしましょう。
ミルクココアだと砂糖やミルクが含まれているので肥満の原因になりかねません。

ピュアココアに甘味が欲しければ砂糖ではなくハチミツで甘みを付けましょう。

 

 

ココアの飲み方

ココアの効果を効かせるには1日2~3杯の量を飲むこと。
飲むタイミングは夜よりも
朝や昼などの日中の活動時に飲むのがオススメです。
飲む時はあくまでピュアココアを飲むようにしましょう。

 

⇒生姜ココアについての詳しい記事

 

 

まとめ

ココアダイエットについてでした。
ココアの効果を出したいのであればピュアココアを
1日2~3杯飲むこと。

朝食や仕事中に飲めば簡単に飲める量ですね(#^^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る