スープダイエットをコンビニ食材だけで簡単にやる方法とレシピ!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はスープダイエットについて紹介します。

今回レシピを考案したのは料理研究家の成沢正胡さん。

作ったら作っただけ・買ったら買っただけ食べてしまう
そんな人にピッタリなのがスープダイエット。
忙しい人でもコンビニで揃う材料だけで作ることができます。

今回はコンビニでも揃う食材で
電子レンジで簡単にできるスープのレシピや方法を紹介。

 

 

スープダイエット方法

この方法に難しいことは何もありません。

夕食をスープに置き換える
よく噛んで食べる
夜9時までには食べ終わる

この3つのルールを守るだけでダイエット効果が期待できます。

 

 

スープダイエットの効果

コンビニで揃う食材でも効果は絶大です。

食物繊維が豊富
このスープには1杯につき4g以上の食物繊維が含まれており
お通じが改善されるので腸も元気になり
むくみの原因である余分な水分も排出してくれます。

 

低カロリーで塩分控えめ
スープのカロリーは
1杯で約250㎉程度で安心して食べることができます。
また、むくみの原因である塩分も1杯2g弱に抑えてありますが
具だくさんで食材のうま味が凝縮されているので薄味には感じないと思います。

 

タンパク質が豊富
ダイエット中こそ
エネルギーを消費し、太りにくい体にする筋肉を減らさないための
タンパク質をたっぷり摂取することができます。

 

 

スープの材料

【材料 7日分】

サラダチキン:2個 ベーコンブロック:200g 溶けるチーズ:2パック
水煮大豆:1パック 木綿豆腐:2丁 長ネギ:2本 えのき:2袋
シメジ:2袋 玉ねぎ:1個 ミックス根菜:3袋
冷凍ブロッコリー:1袋 冷凍ほうれん草:2袋
ショウガ(チューブ):1本 トマトジュース:600㎖ 味噌:1パック

一気にこれだけ買っておけば
1週間分のスープの材料となり、違う味で楽しむことができます。

 

 

スープのレシピ

ここでは2種類のスープのレシピを紹介。
1種類を食べ続けようと、交互に食べようと食べ方は自由です。

 

味噌のごろごろスープ

【材料 1人前】
ベーコン:30g 木綿豆腐:100g  しめじ:50g
長ネギ:1/2本 しょうが(チューブ):6㎝分
ミックス根菜:50g 冷凍ほうれん草:50g
味噌:大さじ1 水:300㎖

 

【作り方】

①しめじは石づきを取り除く。
ベーコン・豆腐はひと口大、長ネギは小口切りにする。

②大きめの耐熱スープ皿に水・味噌・しょうがを混ぜて味噌を溶かす。

③根菜とほうれん草・①の具材を②に入れる。

④ふんわりとラップをして電子レンジで600W5分加熱したら完成。

白滝や豆乳をプラスしたり
ベーコンの代わりにワカメなどを加えて味に変化を楽しむのがオススメです。

 

トマトのチーズスープ

【材料 1人前】
サラダチキン:1/2個 溶けるチーズ:1枚 えのき:50g
水煮大豆:50g 玉ねぎ:中1/4個 冷凍ブロッコリー:50g
トマトジュース:200㎖ コショウ:適量

 

【作り方】

①えのきは石づきは取り除いてほぐし、2㎝にカット。
サラダチキンは手でほぐし、玉ねぎは薄切りにする。

②大きめの耐熱のスープ皿に水煮大豆・ブロッコリー・①を入れて
トマトジュースを注いでチーズをトッピングしたらコショウをふる。

③ふんわりとラップをして電子レンジで600W5分加熱したら完成。

水煮大豆の代わりにご飯(50g)を加えたり
チーズや豆の代わりに卵や春雨を加えて味の変化を楽しむのがオススメです。

 

⇒TVで紹介された肉野菜スープダイエットについての詳しい記事

 

 

まとめ

スープダイエットするからと
朝食や昼食を食べ過ぎると効果がなくなってしまうので
腹8分目に抑えておきましょう(#^^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る