春巻きの皮を折り紙みたいに折る!画像やオススメの具材も紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は折り紙春巻きについて紹介します。

春巻きの皮を折り紙のように好きな形に折って油で揚げず焼き上げる折り紙春巻き。
中の具材はアレンジし放題で
油で揚げないので低カロリーで簡単に作れるので
ヘルシーでおやつやおつまみにピッタリです。

今回は失敗しない
折り方(シャツ型)や失敗しないコツを紹介します。

 

 

作り方

見た目も可愛く、簡単にできるシャツ型の折り方を紹介します。

 

【用意するもの】

春巻きの皮(約19㎝✖19㎝)

小麦粉   大さじ1

水     小さじ2

 

【作り方】

①春巻きの皮は半分に切り、小麦粉を水で溶いてのりを作る。

 

②半分に切った春巻きの皮の中心に向かって左右とも谷折り。

 

③上から1㎝の所は山折り
下から6㎝の所は写真のように折り、中心側にのりをつける。

 

④上の部分を写真のように斜めに折って、裏をのりでとめる。
上から1㎝を目安にして中心線と合わさ様にするとキレイな襟になります。

 

 

⑤谷折りで半分に折り、端を襟の下に入れて網に乗せ
220℃に予熱したオーブンで5分前後焼いて、焼き色を付ける。

*トースターで焼く際は凹凸部分や薄い箇所が焦げやすいので
アルミホイルをかぶせて900Wで5分を目安に焼く。

 

 

失敗しないコツ

ここでは失敗しないために注意すべきコツを紹介。

シンプルな折り方にする
均一に火を通して焦がさないためには
折り方を複雑にせず、凹凸を作り過ぎないことを気を付けましょう。

 

具材に水気はNG
具材を選ぶときは水分や油分が多い具材は避けましょう。
焼いている時に流れ出てくる可能性があります。
また、火が通りやすい具材を選ぶのもポイントです。

 

 

オススメの具材

具材は春巻きの皮を半分に切った時点で乗せてから折りましょう。

納豆アボカド
発酵食材の納豆で筋肉の元となる良質なタンパク質と
「食べる美容液」と言われるアボカドで
美容にもってこいの具材です。

 

チーズ+のり+しらす
チーズとしらすでカルシウムと動物性タンパク質
のりで食物繊維が摂れる
子どものおやつ・おつまみにピッタリな具材です。

 

ドライフルーツ+ココア+マシュマロ
スイーツ系の春巻き。
ドライフルーツはダイエット中にピッタリなおやつ
そこに、ココアでポリフェノールが補給でき
マシュマロの食感も楽しめます。

 

⇒ダイエット中におやつを食べても太らない方法

 

 

まとめ

折り紙春巻きはシャツ型の他にも色々な形ができるので
見た目にも楽しいし具材もアレンジを楽しみながら作れます。

くれぐれも
折り方は複雑にしないこと・水気のある具材を使用しないこと
この2つは守るようにしましょう。

低カロリーなのでダイエット中の間食も楽しみながら食べられると思います(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る