少食なのにデブっちゃう原因は?食べないのに太るのはナゼ?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は少食なのにデブっちゃう原因について紹介したいと思います!!

食べ過ぎて太るのは当然ですが
「食べてないのに太る!」って人が周りにいませんか?
てか、言葉は悪いですが少食のデブっていますよね。

ダイエットだから食べないようにしたのに太るって冗談じゃない!!

なぜ、少食なのに太ってしまうのか?
色々と紹介していきます。

 

 

少食なのに太る理由

「食べ過ぎたら太る!」は常識ですが
少食なのに太る理由は何なんでしょうか?

 

代謝が低下する

生活習慣の乱れやダイエットするからと
食事を抜く
野菜だけしか食べない
夕食を食べずにおつまみとビールだけですませる など

このような食生活をしていると
栄養が偏り、代謝に必要な栄養素が不足してしまうので太る原因になってしまいます。

食べるのを我慢しているのに太ってしまうのはこういう理由があるからなんですね。
ダイエットだからと
食事を抜いたり、野菜しか食べない人は多いのではないでしょうか?

食べるのを我慢するストレスは
代謝だけではなく、ストレスも溜まるので心にも悪影響ですね。

⇒代謝を上げる食べ物とは?痩せるためにオススメな食材についての詳しい記事

 

 

飢餓状態になる

栄養が不足すると
体は飢餓(緊急)状態だと勘違いして
肝臓が非常用の中性脂肪を作り・自分で蓄え始めます。

現代は飽食の時代ですが
まだ狩りをしていた頃はいつ獲物が手に入るか分からないので
生きる為に栄養が不足すると脂肪を溜め込むシステムは
現代人の遺伝子に組み込まれたままです。

こうなると肝臓は脂肪でいっぱいになり
肝機能がダウンしてしまうので代謝の低下につながり
食べた物はドンドン脂肪として蓄積していく結果になります。

⇒【ガッテン】で紹介された
ダイエットは肝臓に負担がかかる?脂肪肝にならないためには?についての詳しい記事

 

睡眠不足

体は栄養不足だけでなく
睡眠不足でも緊急事態と勘違いしてしまい
ダイエットとストレスの天敵になります。

睡眠時間が短くなる=活動時間が長いので
長く起きている分の栄養を蓄えようと
満腹を感じるホルモンである「レプチン」を減少させ
食欲を増すホルモンである「グレリン」を増加させます。

こうなると逆に食べ過ぎて太ってしまいます。

⇒痩せる睡眠時間や方法は?ヤセ体質になれる睡眠のルールについての詳しい記事

 

 

まとめ

食べないで我慢するダイエットはストレスになり

ストレスは少食や睡眠不足になり

睡眠不足は食べ過ぎの原因となります。

最近ダイエットの常識として言われる「食べないと太る」も
健康的に痩せるには必要なことですね(*´ω`*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る