ダイエットをしているのに体重が増える原因!筋肉や運動が?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はダイエットをしているのに体重が増える原因について紹介したいと思います!!

ダイエットを頑張って体重を落としたのに
体重が1㎏でも増えてしまったらヘコむし、モチベーションも下がってしまいますよね。

運動や筋トレを頑張っているのに何で体重が増えてしまうのでしょうか??
実はいくつか原因があるんです。

 

 

筋肉がつく

代謝を上げて、やせ体質を作るには筋肉が必要不可欠になってきます。
筋肉は脂肪よりも約1.2倍の重量を持っています。

筋肉がついて引き締まってきていても
体重が重くなってしまうことがあるんです。

「くびれができた」
「手足が細くなってきた」

このように感じていても体重が増えていると
自分のダイエット方法や今までやってきたことを疑ってしまいますよね。

そんな時は体重ではなく体脂肪率に注目してみましょう。
脂肪が落ちていれば確実に体脂肪率は下がっていますし
体重だけにとらわれていては健康的に痩せれない人もいます。

ちなみに、同じ2㎏でも筋肉と脂肪では面積にこれだけの差があります。
痩せて体が細くなっていても、体重が増えてしまうのも納得と感じですが

筋肉がつくことで痩せているだけではなく
確実に引き締まって、やせ体質になっているのでご安心を。

⇒腹筋女子になる為の鍛え方!自宅で簡単にできる方法についての詳しい記事

 

 

筋肉痛

意外と知られていないのが筋肉痛です。

筋力トレーニングとは
筋肉は筋繊維という繊維の束でできているので
切って壊し修復することでさらに強くて太い筋肉にすることが目的です。

この筋繊維が修復されている時は
疲労物質が溜まっているし、水分も必要となるので
体重が増えていることがあります。

性格的にキッチリしている人は
筋トレでも自分を追い込みやすいので疲労物質や水分が多く溜まりやすく
その結果、体重が増え落ち込みやすい傾向にあります。

でも、しっかり筋トレをしていれば
ちゃんと筋肉がついて代謝もアップし引き締まってくるのが分かるので
落ち込む必要はありません。

⇒マシュマロボディの作り方!筋トレや体重についての詳しい記事

 

 

水分で重くなる

「ダイエットには水分が必要!」ってよく聞きますよね。
実はその通りで、体脂肪が運動や食事制限で急に消えてなくなるわけではありません。

「脂肪燃焼」とよく聞きますが
脂肪が燃焼されると大部分は、水分と炭酸ガスに分類されて尿や呼吸として体外に排出されます。

脂肪は燃焼して排出する必要があるので
一般的な体型の女性でも1日2Lの水分が必要ですし
気温や体型によっては2L以上の水分が必要になってきます。

そのため、スムーズに脂肪を燃やすには
水分が必要不可欠になってきますが
ジュースやコーヒーではなく「水」を飲むようにしましょう。

体重を気にして水分をカットするなんてことはご法度です!!

⇒塩水洗浄は危険で効果はない?やり方や口コミ・食事についての詳しい記事

 

 

食事を見直す

上記の「水分で重くなる」というのに関係している話しですが
塩分が多いものを食べてしまうとナトリウムの関係で
むくんでしまい体重が増えてしまうことがあります。

むくみとは体に余分な水分が溜まっている状態なので
溜まっているところから巡らせ、排出する必要があります。

 

また、カロリーや糖質などの食事制限をしていても
いつの間にか気が緩んでしまい、食べ過ぎている可能性があります。

実は痩せているときほど
「これくらい食べても大丈夫かな。」と気持ちが緩んでしまいます。
痩せいているときほど気を引き締めてダイエットすると効果は出やすくなります。

⇒長友佑都の食事メニューや内容は?画像付きで詳しく紹介についての詳しい記事

 

 

まとめ

ダイエットに体重が増えることはよくあります。
まずは食事を見直してみて原因がなければ
そこまで心配する必要はないと思います(#^^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る