痩せてる人の特徴とは?肩甲骨でスタイル美人になれる!

sponserd link

 

前回は痩せてる人の食生活について紹介しましたが、今回は痩せている人の特徴について紹介したいと思います。痩せている人と太っている人では日常生活でもやっぱり違いがあります。しかもほんのちょっとの違いです。
また、痩せてスタイル良く見せるには肩甲骨が最終兵器になるかもしれませんよ。

整骨院で患者さんを診させてもらっていて実際に感じたことや太っていた頃の体験談なんかも含めながら紹介させていただきます。

⇒【痩せてる人の食生活!具体的に真似すれば痩せられる!】についての詳しい記事

 

 

お腹いっぱいになるまで食べない
痩せている人でも太っている人でもお腹いっぱいまで食べることはあると思いますが、このお腹いっぱいという感覚には違いがあります。

空腹・満腹の状態は
①お腹空きすぎて気分悪い ②お腹空いてきたな ③空腹でも何でもない ④空腹が満たされてきた ⑤これ以上食べたら気分悪くなる ⑥お腹いっぱいで苦しい
このような分類で分けられると思います。

痩せている人のお腹いっぱいは「まだ食べられるけどお腹空いたって感覚もなくなったし、これ以上食べたら気分悪くなるな。」ってところで食べるのをストップしますが、太っている人のお腹いっぱいは「お腹パンパンすぎて苦しい。」ってところまで食べてしまいます。

また食べるタイミングも、痩せている人なら「お腹空いてきたな。これ以上お腹空いたら気分悪くなるぞ。」ってところで食べるのですが、太っている人は苦しくなるまで食べているにもかかわらず「お腹に隙間が空いてきたな。」ってところで空腹でもないのにお菓子などをつまんでしまいます。

私も太っていた頃はお腹が苦しくなるまで食べるのが当たり前でしたし、お腹が空かなくても隙間が空いてしまえばスナック菓子やアイスなどつまんでいました。痩せている人よりもかなり多くのカロリーを摂取しているので、当然カロリーオーバーとなり太ってしまいます。

私も痩せて初めて気づきましたが太っている時は痩せた時に比べて空腹や満腹の感覚に疎いことが分かります。

⇒【痩せる脳の作り方は?ダイエットは食欲のコントロールからで痩せられる!】ついての詳しい記事

 

 

姿勢が良い
患者さんを診させてもらっていたり、街行く人を見て感じることですが太っている人ほど猫背になっていて、スタイルが良い人は背筋が伸びてキレイな姿勢をしています。

猫背になると腹筋や背筋を使ってないので筋力が弱って余計にポッコリお腹にもなるし、人からの印象も良くありません。また、骨盤も歪み圧迫してしまうので内臓が正常に働かず、便秘や生理に影響する可能性だってあります。

前にTVで放送していた街角アンケートでも、痩せてる人と太っている人との違いに「姿勢」と答えている女性が多数いました。皆さん結構自覚されているんですね。自覚はしていても自分でも意識しているつもりが、いつの間にか猫背になっているという人もいるかと思います。そんな時は猫背の矯正を受けたり、矯正バンドをしてみるなど自分以外の力を借りるのも1つの手です。

⇒【池田美優(みちょぱ)の腹筋の割り方!スタイル維持の秘密は?】についての詳しい記事

 

 

食べる以外の楽しみがある
楽しみや趣味・ストレス発散などが食べる以外にない人は太る確率が高くなっています。何かあるごとにコンビニでスイーツを買っちゃったり、夜中にお酒で晩酌するのが日課になってくると痩せるのは難しいですね。

もちろん痩せてる人で食べるのが大好きという人もいますが、そんな人は食べる以外の楽しみも持っています。ランニングやヨガなどアクティブに運動したり、新しい洋服やアクセサリー・エステをご褒美にしてみたり、旅行に出かけたりなど自分が楽しくリフレッシュできる方法を見つけています。

痩せてる人は食べること以上の楽しみを持っていると言った方が正しいかもしれません。

⇒【ダイエット中でもストレスを解消・溜めない方法は?過食しなくてもイイなんて!】についての詳しい記事

 

 

こまめに動いている
ジムに行ったりなにか特別な運動をしているわけではないのに痩せている人がいます。太っている人との違いはこまめに動いているということ。

すぐ歩くのが嫌になってちょっとの距離でも車やタクシーを使っていませんか?痩せている人はショッピングや通勤でよく歩き、エスカレーターやエレベーターを使わずに会社内や駅を行き来しています。ちょっとしたことに感じますがこまめに動くことが習慣になると消費カロリーは当然アップし、少しずつ筋肉も鍛えられるので代謝もアップします。

こまめに動かない人ほど歩きにくい靴を履き、荷物も多くなりがち。出かけるときから歩くことを前提に靴や荷物を選びましょう。

⇒【ながらダイエットの方法!オフィスや電車でお腹と足を細くする!】についての詳しい記事

 

 

肩甲骨を動かして痩せる
最近のストレッチやエクササイズでは肩甲骨が重要視されています。それは肩甲骨の周りには「褐色脂肪細胞」という細胞があり、肩甲骨を動かすことで褐色脂肪が活性化されるからです。

褐色脂肪細胞が活性化されると糖質や脂質の代謝を促し、脂肪が燃えやすく痩せやすい体にしてくれます。
肩甲骨を動かす方法はいくつもありますが、最初は肩甲骨を意識しながら背中の中央に寄せて開いたり、肩を回してみるなどして動かしましょう。くれぐれも肩甲骨は意識しとかないと動かすのは難しいのでお忘れなく。

⇒【バレエ・ビューティフルの効果とやり方!ヴィクシーモデルがハマるエクササイズとは?】についての詳しい記事

 

 

まとめ
痩せてる人の特徴は特別なことではなくて習慣が作り出しているものですね。難しいことはないと思うのでストレスにならない程度から始めてみてはどうでしょうか(*’▽’)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る