ダイエット中に訪れる停滞期の期間の平均は?どうやって乗り越える?

sponserd link

 

ダイエット中に停滞期がくるのは当たり前ですが、実際に前触れもなく停滞期が来ちゃうと落ち込んでしまうものですよね。私も50㎏痩せた時は何度も停滞期はありました。

停滞期を乗り越えたからこそダイエットの成功はあるわけですが、ダイエットを頑張っているのに体重が減らないというのは本当にモチベーションが下がり、ダイエットを途中でやめてしまう人も多くいます。私も停滞期の間は「今日は痩せてろ。早く終われ!」と体重計に乗るたびに思っていました。

しかし、停滞期の期間がなんとなく分かっていたら、モチベーションが下がったり慌てたりしないのではないでしょうか?停滞期の平均の期間と乗り越え方を紹介していきます。

 

 

停滞期ってなに?
停滞期とは体を守るための防衛本能で、体の状態を維持しようとするこの機能のことを「ホメオスタシス機能」といいます。

例えば、気温が40℃あるからって体温も40℃になることはありません。汗をかいて熱を発散して体温を一定に保とうとします。この反応がホメオスタシス機能です。ダイエットの場合は体を省エネモードにするってことになります。人が生きるのに必要な機能ですが、正直ダイエットをする身としては邪魔とさえ感じますね。

停滞期に慌てるのは禁物です。また、ダイエットを投げ出すようなことは絶対やめましょう。ここまで頑張ってきたことが全て水の泡になってしまいます。停滞期はいつか終わります。停滞期さえ終わればまた体重は落ちていきます。

⇒【ダイエットのやる気を出す方法!簡単で効果的なやり方って?】についての詳しい記事

 

 

停滞期の期間
停滞期はいつ終わるのか不安になりますよね。しかし、だいたいでも停滞期が終わるときさえ分かっていればモチベーションを下げずに済みます。

個人差があり、あくまで平均ですが

停滞期がきた人の約50%は2週間~4週間で停滞期が終わります。
短い人は1週間、長い人は3ヶ月も停滞期が続きます。

さすがに3ヶ月も停滞期があると精神的にキツイですね。それでも乗り越えてる人はいるし、また痩せ始めます。2人中1人は1ヶ月あれば停滞期は終われるようです。

私も50㎏のダイエット中には停滞期が数回ありましたが、今考えると2週間ほどで再び痩せ始めていました。

⇒【ダイエットのやる気を出す方法!簡単で効果的なやり方って?】についての詳しい記事

 

 

停滞期の乗り越え方
停滞期がきたときどうやって乗り越えるのが正解なのでしょうか?私自身の経験も踏まえてご紹介します。

 

今までのダイエットを続ける
ほぼこれに尽きると言っても過言ではありません。
停滞期に入り体重が数日変わらないだけで慌ててしまい、色々なダイエット法を取り入れてしまう人も大勢いますが、まずは落ち着いて今までのダイエット方法を行いましょう。停滞期になると「今までのダイエット法が間違っていたの?」と疑心暗鬼になりがちですが、大丈夫です。その内に、また痩せてきます。

私も初めての停滞期にはかなりの焦りと苛立ちを覚えたことがあります。しかし、私はレコーディングダイエットで今まで痩せていたこともありダイエット方法を変えたりはしませんでした。その結果、2週間ほどで再び痩せ始めました。今考えれば停滞期にダイエット方法を変えなかったことが、功を奏したのだと思います。

⇒【レコーディングダイエットで失敗しない3つの方法】についての詳しい記事

 

食事を見直す
ダイエットと言えばやはり食事。どんなダイエット方法であれ食事は重要視されます。停滞期こそ食事を見直す良いチャンスです。「自分がなぜ痩せなくなったのか?」を考えながら食事を見直すことで見えてくるものもあります。

食事を見直すうちに「このくらいなら食べて大丈夫かな」と食べ過ぎている場合も数多くあり、実は停滞期ではなく摂取カロリー=消費カロリーだったり、糖質を思っていたより摂り過ぎていただけだったなんてこともあります。ダイエット中は定期的な食事の見直しをおすすめします。

⇒【痩せてる人の食生活!具体的に真似すれば痩せられる!】についての詳しい記事

 

新しい刺激を入れてみる
ダイエットを始めて運動を取り入れるのはとても良いことです。有酸素運動で脂肪燃焼を促したり、筋トレをして基礎代謝を上げて太りにくい体づくりをすることはダイエットには必須です。停滞期を乗り越えるために新しい刺激(運動)を取り入れるのも1つの手です。

私は130㎏を超えてからダイエットを始めて20㎏痩せるまでは運動をしておらず、食事制限だけで痩せました。110㎏の時に数度目の停滞期が来て初めてジョギングを取り入れました。停滞期は体が今までの状態を維持しておこるものなので「新しい刺激を入れてやれば停滞期を乗り越えやすくなる。」と聞いたからです。

たった3㎞ですがジョギングを始めて、確かに停滞期を数日早く乗り越えることができました。

それでもやはり無理は禁物です。いきなりストレスになるような運動をしてしまうと体にも精神的にも大きな負荷をかけてしまいます。私は3㎞のジョギングで物足りなさを感じて走る回数や距離を増やしていきました。

いつもウォーキングやジョギングをしている人は軽い筋トレを取り入れてみたり、筋トレをしている人は最後にちょっとウォーキングをしてきるなど無理のない程度に新しい刺激を取り入れてみましょう。

⇒【下っ腹を凹ませる簡単な筋トレ方法!長友式で効果アップ!】についての詳しい記事

 

モチベーションを保つ
停滞期こそモチベーションは下がりがちに・・・
そうならないようにダイエットを始めた時やダイエット中に新しくできた目標は、よく目につくようにしましょう。文字や写真でも携帯のの待ち受けや部屋に張っておくのは有効な手段です。

人は追い込まれた時こそ目標を見失いがちになります。そんな時は初心に帰り自分が痩せようと決意した時のことを思い出しましょう。停滞期こそモチベーションが下がり、目標を見失えばダイエットを諦めることになりかねません。

⇒【ダイエットのやる気を出す方法!簡単で効果的なやり方って?】についての詳しい記事

 

 

まとめ
停滞期の期間に限らず、何でも終わりが見えないとツライだけですよね。また、停滞期を乗り越えた先にはダイエットの成功が待っているので諦めずに乗り越えましょう(*^。^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る