プロテインのオススメは?筋肥大や減量にはどの種類を飲むの?

sponserd link

 

トップビルダーはもちろんのことジムやフィットネスクラブでトレーニングをする人は筋肉をつけるため、ダイエットの時には筋肉量を減らさないために飲まれるようになったプロテイン。

プロテインを飲む目的は様々ありますが、どんなの味方であれ効果的な飲み方をしたいですよね。

⇒【バルクアップにおすすめのプロテインは?量や飲み方も紹介!】についての詳しい記事

 

 

プロテインの種類
プロテインと一言で言っても3種類あることをご存じでしょうか?それぞれにメリットとデメリットがあるので紹介していきます。

 

ホエイプロテイン
ホエイプロテインのホエイとはチーズやヨーグルトを作る際に出る上澄みのこと。家庭の冷蔵庫でヨーグルトを保存している時や水切りヨーグルトを作った時も出てきますよね。つまり牛乳を原料として作られています。

ホエイプロテインは水溶性ビタミンやミネラルも含まれており、早く筋肉をつけたい人向けで吸収が非常に速いプロテインです。トレーニング後は素早く効率的にタンパク質を補給することで筋肉の回復を促し、強い体を手に入れることができるのでトレーニング後30分以内に摂取するのがオススメです。トレーニング後30分は筋肉のゴールデンタイムと言われタンパク質の吸収率がとても高まります。また、シミやシワを防ぐ効果があるのでキレイに痩せたい女性にもおススメです。

デメリットとしては持続時間が短く・摂取しすぎると脂肪になりやすいこと。恐らく「プロテインは飲み過ぎれば太る!」というのはココからきているのではないでしょうか。

私が通っているジムでもトレーニングを始めて間もない人やダイエット目的の人にはホエイプロテインを飲んでいる人が多いし、そもそもタンパク質は摂取しても100%吸収されません。

⇒【ダイエット中のプロテインのおすすめは?効果や飲むタイミング!】についての詳しい記事

 

 

ガゼインプロテイン
ガゼインプロテインはホエイプロテインと同様に牛乳を原料とし、生乳を構成するタンパク質の約80%を占めています。ホエイプロテインが水溶性で吸収が早いのに対しガゼインプロテインは不溶性なので長時間効果が続き筋肉の分解を抑えてくれるメリットがあります。

ただ、吸収に時間がかかるデメリットですがこのことから満腹感があるので間食や就寝前のタンパク質補給にも最適です。こう考えると吸収に時間がかかるので筋肉のゴールデンタイムに吸収されるか心配ですが、筋トレをしなかったときのタンパク質の補給と考えたら満腹感が長続き数ることはダイエッターにとってはデメリットと言うよりもメリットに感じます。

⇒【チャンピンプロテインのタンパク質含有量やカロリー!飲み方は?】についての詳しい記事

 

ソイプロテイン
ソイプロテインは名前の通り大豆から作られており、正確には大豆のタンパク質だけを粉末状にして植物性タンパク質を効果的に摂取できます。

ソイプロテインは長時間効果が続き、代謝が活発になるので他のプロテインのプロテインより脂肪が落ちやすく満腹感があるというメリットがあります。他にも抗酸化作用・コレステロール値低下・甲状腺組織の活性化などの効果があるので健康志向の人に向いているプロテインです。

もともと大豆はイソフラボンが豊富で健康効果が注目されています。
女性:女性らしい体を作る
男性:前立腺肥大・前立腺癌・薄毛を防ぐ
皮膚・骨の強化
イソフラボンだけでもこれだけの健康効果があります。

デメリットとしてはガゼインプロテインと同じで吸収に時間がかかること。やはり吸収に時間がかかるということはトレーニング後に飲むには適していないように感じます。ダイエットをしている人のタンパク質補給や健康的な生活が過ごしたい人向けですね。

⇒【ダイエット中のサプリメントの効果的な飲み方やタイミング!選び方も紹介!】についての詳しい記事

 

 

まとめ
値段なども重要ですが、プロテインは目的や用途に合わせて選んで飲むと効果的に摂取できますよ(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る