酢にんにくの電子レンジでの作り方や食べ方!臭いはどうなの?

sponserd link

 

フルーツ酢やにんたまジャムなど美容やダイエットに良いとされる保存食はたくさん紹介されてきましたが、今回はにんにく酢を紹介します。

酢にんにくってあまり聞いたことないって人も多いのではないでしょうか。簡単な作り方や食べ方を紹介していきます。

⇒【酢玉ねぎで痩せるダイエット方法は?食べ方や作り方を紹介!】についての詳しい記事

 

 

作り方
酢にんにくの作り方は電子レンジを使うことで簡単に作ることができます。しかも材料はニンニクとお酢のみ。

材料
にんにく  150g
純米酢   300g
*この量以外で作るときは、にんにくの倍の量のお酢を使用する

作り方
①皮付きのままのにんにくを電子レンジで600Wで2分30秒加熱します。
②チンしたにんにくの外皮・薄皮・底の硬い部分を取り除きます。
③にんにくはスライスorみじん切りにする。
④密閉容器ににんにくとお酢を入れたら、冷蔵庫で3~4時間置いたら食べれます。

思ったより作り方はとても簡単ですね。冷蔵庫なら1ヶ月ほど保存可能です。

 

電子レンジを使わない場合はにんにくの皮を剥いてスライスやみじん切りはせず、そのままお酢の中に入れて1ヶ月ほど置きます。

酢に漬けて2日くらいから色が変わってきて、1週間くらい経つとなかなかパンチが効いた色に変わってきます。かなり毒々しい色でカビが生えてるように感じますが、にんにくの鉄分が反応しているだけなので人体には無害なので安心してください。この時の臭いはまだまだお酢とにんにくの鼻にツンと来る臭いがあります。

 

 

1ケ月経つと

黄金色になります。ここまで黄金色にならずにちょっと青色っぽい色になることもあります。こうなると食べ頃です。

レンジで作っても、そのまま漬けて作っても完璧にはニンニクの臭いは消えないようですが、かなり軽減します。お酢の刺激臭は結構強く残りますので、お酢が苦手な人は酢にんにくは苦手かもしれません。

⇒【酢しょうがの日持ちや保存は?ダイエット効果や方法も紹介!】についての詳しい記事

 

 

酢にんにくの効能
酢にんにくにはどんな効果があるかというと・・・・

まずは脂肪という脂肪を減らす手助けをしてくれます。
元々にんにくにはビタミンB1の吸収を高め糖質の代謝や脂肪燃焼効果をアップ。お酢のアミノ酸も脂肪燃焼効果と脂肪の蓄積を抑えるのでダイエットには最適です。しかもお酢にんにくを作っている時にシクロアリインという栄養素が生まれ中性脂肪を減らす効果もあります。

脂肪という脂肪を減らしてくれるというのも納得できます。

にんにくに含まれるアリシンには血栓ができないようにする効果があり、お酢のクエン酸には赤血球の膜に柔軟性を出すので毛細血管の血流をサラサラにして代謝アップや冷え性に効果的です。
他にも食欲増進・高血圧症・抗菌効果など健康効果も期待できます。

⇒【レモン酢ダイエットの方法や口コミは?効果も気になる!】についての詳しい記事

 

 

酢にんにくの食べ方
意外に感じるかもしれませんが、酢にんにくは色んな料理にアレンジ可能です。

お肉ならソースや下味に使ったり、唐揚げなどの揚げ物にかけて。
酢にんにくは冷奴やサラダにかけても風味豊かに。
マリネ液で使ってもにんにく風味で魚介類や野菜を漬けて。  など

風味豊かでさっぱりと食べられるので、幅広く料理に使うことができます。特に夏の暑い日の食欲がない日なんかには最適ですね。冷やし中華やそうめんなどの麺類にも酢にんにくは合いそうですね。

お酢やにんにくも刺激が強いので、胃腸が弱い人は少しずつ食べていくようにしましょう。

⇒【にんたまジャムの食べる量や保存は?作り方や効果も気になる!】についての詳しい記事

 

 

まとめ
酢にんにくの作り方や食べ方でした。レンジで作れば3~4時間ほど漬ければ食べられるので、早く食べたい人にはおすすめです(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る