スポーツジムでの女性のおすすめの服装は?持ち物や着替えも!

sponserd link

 

ジムに行くなら筋トレのメニューや痩せる目標に気が行ってしまいますが
服装は大丈夫ですか??

男性より女性の方が正直、服装には気を使うかと思います。

ジムも色々ありますがスポーツジムで運動する際の
女性におすすめの服装を紹介します。

 

 

ジムでの服装

オシャレ着やデニム等でなければ問題ありません。
ジムは基本Gパン禁止ですが
Gパンでトレーニングすると蒸れて汗疹ができちゃいます。

 

「ジムに通おう」と思っているけど何も運動する服装を持っていないのであれば

トップス
アンダーシャツ
スポーツブラ
ショートパンツ(ボトムス)
シューズ

この5つを揃えたら、とりあえずはOKです。

 

中村アンさん

 

ローラさん

 

菜々緒さん

女性芸能人の方は
このような服装でトレーニングしているようです。

 

今ではお洒落なスポーツウェアが
お店でもネットでもたくさん手に入ります。

どんな服装がイイか迷ったら
とりあえず自分で上記の5つを揃えて
ジムでトレーニングしている女性の服装を
見てから決めるのも1つの手です。

⇒効果が出るジムに通う頻度と期間も知りたい方はコチラ

 

 

5つの服装の役割

トレーニングをしている人にとっては当たり前かもしれませんが
今から始める人にとってちょっと豆知識を・・・

トップス
スポーツ用の上着。
半袖・タンクトップ・キャミソールタイプなど
色々なタイプがあります。

 

アンダーシャツ
本来は加圧を加えて、筋力トレーニングを
より効果的に行うためのものでしたが
今はオシャレや紫外線対策・汗の吸収・発汗など
さまざまな理由で着られます。

特に必要なければ無理して購入する必要はありません。

 

スポーツブラ

これはネットでも私が通ってるジムの女性達も
口をそろえて言います。

通常のブラジャーでは
運動しているときの上下の振動は、意外にバストへの負担が大きく
胸が垂れたり、型崩れの原因になります。

また、ブラジャーの紐やホックが
肌を摩擦することで火傷やケガを起こし黒ずみの元になります。

振動自体が痛い人もいるし
場合によっては汗でブラジャー自体が悪くなってしまうというデメリットもあります。

スポーツブラは楽だし、運動しやすいし、透けないし
あって困るものではありません。特に汗かきな人には必要です。

 

 

ショートパンツ(ボトムス)
トレーニングだけでなく
ランニングやエクササイズ・アウトドアでも重宝します。

「脚を見せるのが嫌」って人は
長ズボンや膝下までのハーフパンツでもOKです。

ジムではショートパンツにレギンスを履く人が多く
レギンスだけでトレーニングしている人も珍しくありません。

 

 

シューズ

これは絶対必要になります。

筋トレだろうと有酸素運動メインだろうと
足にも汗をかくので通気性の良いものを選びましょう。

クッション性の高いシューズであれば
身体にかかる負担が分散されて
関節や筋肉を痛めることを予防することができます。

また、ジム内で万が一
重りやバーベルが足の指に落としたら
シューズなしでは皮膚を突き破って骨が飛び出します。
シューズを履いていれば皮膚内の粉砕骨折で留まります。

どちらにせよ大ケガに変わりはありませんが
安全のためににもシューズは絶対です。

そもそもシューズなしで使用できるジムはないので
自分で用意するか、貸し出しのシューズを使いましょう。

⇒マシュマロボディになる方法についてはコチラ

 

 

持っていくもの

服装の次は持っていくものです。
紹介していきますが、何でもかんでも持っていくと
意外とかさばるので、自分の必要最低限にとどめましょう。

タオル
普段汗をかかない人でも
ジムで運動をすると意外と汗をかきます。

タオルの大きさは
フェイスタオル以上バスタオル未満の大きさがおすすめ。

あんまり大きいと邪魔ですし
小さいと途中でビチャビチャになると困ります。

 

靴下

意外と持っていくのを忘れるし
ジムのロッカーでも持って帰るのを忘れてしまう靴下。

室内ではシューズを履くので
靴下をはかないと靴擦れなどのケガの原因や
においなどの衛生面でも良くありません。

特にサンダルで行くときは要注意です。

 

ヘアゴム
髪が長い女性はトレーニングの邪魔になるのでヘアゴムが必要です。
ピンやクリップのような髪止めは
ストレッチや横になって運動する時にケガをする恐れがあります。

私が通っているジムでも髪の長い女性はヘアゴムばかりです。

 

飲み物
汗をかくので水分補給は必ず必要です。

用意する飲み物は人それぞれですが

スポーツ飲料
プロテイン
クエン酸が入った飲み物 など

トレーニングの効率を上げてくれる栄養成分が入った粉末や飲料は
ジムでも販売されていますし、スポーツ用品店でも購入できます。

これらを栄養成分の粉末を摂るのであれば
水が1番良いですね。

 

音楽プレイヤー

私の通っているジムで音楽を聴きながら
筋トレやジョギングをしている人は半々くらいです。

自分でスマホや音楽プレーヤーを使用する際は
スポーツ用の防水仕様イヤホンはしておかないと
汗で濡れて使えなくなる可能性があります。

多くのジムではハイテンポな音楽がかけられています。
ただ、自分が大好きな音楽を聴きながトレーニングを行うと
とても楽しいしテンションも上がるのでやる気が出ます。

 

小銭入れ
貴重品はロッカーで自己責任で管理します。
飲み物やジム内の栄養粉末を買ったりするなら
小銭入れを持ち歩いていると便利です。

何か購入するた度に
ロッカーを行ったり来たりするのは
ぶっちゃげ、とても面倒です(笑)

 

 

 

着替え

ジムに通い出しの頃
意外と見落としがちなのが着替え。
トレーニングが終わった後のことも頭に置いておいましょう。

下着
トレーニング前に
スポーツブラに着替えるならいらないかも知れませんが
そのままトレーニングをすると
汗をかくので、下着の替えなど持っていきましょう。

そのまま汗をかいた下着のままだと
体が冷えて風邪をひくかもしれません。

できることなら、靴下の替えもあれば良いでしょう。

 

お風呂グッズ
ジムにはシャワーやお風呂が完備されているところがほとんどです。

利用する人はお風呂グッズを忘れずに。
シャンプーやボディーソープなど備え付けのとこが多いですが

バスタオルは必要です。
トレーニング中に使ったタオルで拭いたりしたら
身体をキレイにした意味がありませんね。

 

メイク道具
トレーニング後は顔にも汗かくので
洗顔フォームなどで洗ってサッパリしたいところです。

簡易的なメイク道具を用意しておくと
帰るときに恥ずかしくないですね。

 

帰宅するときは
ジムに来た時と同じ服でも良いですが
スーツなどを着たくなければ上着(Tシャツ)を用意しましょう。

女性が帰られるときは
上着だけ着替えて、パンツはトレーニングのままで帰る人もいます。

 

 

まとめ

今回紹介したものを持っていけば困ることはないかと思います。
しいと言えば大きなバッグくらいですかね。

シューズ・上下のウェア類・タオル・着替え・飲み物を
1つのバッグに入れるのであれば
それなりの大きさのものが必要になってきます。

準備ができたらLET’S  トレーニング(*^^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る