Menu
Close 

      2017/12/12

肋骨を締める方法と効果とは?自宅でできるエクササイズを紹介!

 

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエットには筋肉や代謝、カロリーや糖質など注目されるキーワードがありますが、最近注目され始めたのがなんと肋骨!!

脂肪は多すぎると肥満でスタイルが崩れ、筋肉が多いと代謝がアップして痩せやすい体になど脂肪と筋肉がダイエットやプロポーション作りに大切なのは分かりますが

カロリーを消費しない骨がダイエットに関係するのでしょうか??

教えてくださったのは、福岡でパーソナルトレーナーをしている田村幸助さん

年間2000回のトレーニング指導をしており第一線で活躍されている方です。

 

 

肋骨エクササイズの効果

近年では、美しいボディラインを作るには肋骨を重要視するスポーツトレーナーさんも珍しくないんだそうです。

肋骨の広がり次第では、ウエストの幅が違って来るので同じ体重であっても寸胴に見えてしまいます。

画像で見ても分かるように、肋骨の幅が狭い人はウエストがキレイにくびれて見えるのに対し、肋骨の幅が広い人は上半身全体が寸胴に見えます。

理想的な肋骨の角度は75~80°!!

肋骨エクササイズがまだまだない頃は「肋骨が広いと太りやすい!」なんて言われていましたが太りやすいのではなく、正確には
太って見えやすいってことだったんですね。

肋骨を意識してトレーニングすることでお腹周りの脂肪燃焼効果もアップして
離れているので意外に感じるかもしれませんがお尻を最大限引き締めることに繋がってきます。

⇒動画再生回数250万回!!4週間でベタ~っと開脚して痩せる方法についてはコチラ

 

 

肋骨エクササイズのやり方

ここでは、自宅で簡単にできるエクササイズのやり方を紹介していきます。

 

①風船を膨らませる

肋骨を引き締めるには息を吐くことが重要になってきます。

風船を膨らますこともできないと効果が出にくいとされているそうで、1種のバロメーターと考えてください。

実は肋骨エクササイズの1つ目は「ただ風船を膨らませるだけ」なんです。

たくさん息を吐くことでグーっと肋骨が締まるので、息を吐く力をつけることができます。

ただ膨らませるだけでなく、ポイントがあります。

①片手を肋骨に添えて、肋骨を意識しながら膨らませます。

②息をできるだけ長く全て吐ききります。

③だいたい5回くらいで、人の顔よりもちょっと大きいくらいに膨らませる事ができればOKです。

どんなに苦しくてもしっかりと息を吐ききることが重要になります。

⇒超簡単!!振るだけで二の腕・お腹・脚が痩せる方法についてはコチラ

 

 

四つん這いで

四つん這いで行うエクササイズです。

①四つん這いになって手を平(指)を内側向けます。

②鼻から息を吸って、腕の間に顔収めるようにします。

③吸いきったら、口から吐ききります。
*肋骨は体の内側にしまい込むように意識します。

これを5回行います。

肋骨の位置はキープしたまま、長~く息を吐くこと。回数を重ねるごとに、さらに肋骨を内側にしまい込むように意識します。

説明してて、何か難しいことを言っているような気がします(笑)

画像で見ればこんな感じです。

 

背中はこんなにも盛り上がります。
猫が威嚇している時に似ていますね(笑)

⇒5秒あれば色々と鍛えられる!!5秒筋トレについてはコチラ

 

 

肋骨締め+腹筋

一石二鳥のエクササイズですが、すごくキツイです。

①仰向けで寝て、太ももに手を添える。

②鼻から息を吸って、口から吐く息で肋骨をしまい込んでいきます。

③しまい込んでから上体を起こしていきます。
(手は太ももを這わせるように、前に伸ばします。)

④上体を起こしたらそこでキープします。

⑤上体のキープはできるだけ長くキープするように。

*上体は肩甲骨が浮く程度でキープし、上体を起こしてるときはキツイですが、呼吸は止めないように!!

手で抑えている(肋骨の下の)部分を締める感じです。自然とみぞおちの辺りに力が入るのを感じると思います。

できるだけ肋骨を締めた状態をキープ。
このエクササイズを継続することで、身体のシルエットに変化が見られ、脂肪燃焼効果もアップします。

やってみたら分かりますが、かなりしんどいです!!腹筋もキツイですが、肋骨がこる感じがします(笑)

⇒30秒でくびれを手に入れちゃおう!!フリパラツイストについてはコチラ

 

 

まとめ

肋骨を締めるエクササイズを紹介しました。
「肋骨を締める(しまい込む)」という感覚が難しいかもしれませんが、やっているうちに感覚はつかめてくると思います(*^-^*)

この記事を書いている人 - WRITER -