【主治医が見つかる診療所】肥満と骨粗鬆症が予防できるちょい足し食材とは?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は7月4日の「主治医が見つかる診療所」で放送された
肥満と骨粗鬆症予防に効果的なちょい足し食材について紹介したいと思います!!

梅干し

今回の放送では
「暑い夏を健康に乗りきる  身近なちょい足し食材SP」ということで
様々な効果のある食材が紹介されていましたが
ここでは肥満と骨粗鬆症予防に効果がある「梅干し」について紹介します。

梅干しは
食欲増進作用
抗菌効果   など
このような効果は知られていましたが
最近の研究で新たな健康効果が実証されたそうなんです。

 

 

骨粗鬆症の予防

梅干しと何も関係なさそうですが
「梅干しを週に1~2個食べる人」と「全く食べない人」では
梅干しを食べる人の骨密度が1.2倍も高いという研究結果に。

骨

 

なぜこのような違いが出るのかというと
梅自身に骨を作りやすくする機能性があるからです。

クエン酸の色々な物と吸着する(キレート)作用で
カルシウムと結合して体に吸収されやすくなります。

実はカルシウム単体では体に吸収されにくい栄養素の1つなんです。

 

 

肥満の予防

梅にはバニリンという成分含まれており
この成分が肥満の予防に効くという研究結果も出ています。

バニリンはバニラの香りのもととなる成分で
香料としてアイスクリームやお菓子に使われています。

アイス

体で吸収されて脂肪細胞を刺激

脂肪が燃焼されやすくなる

肥満の予防

このようなメカニズムで肥満が予防されます。

 

 

「昔ながらのしょっぱい梅干し」と「甘めに作られたハチミツ梅」
どちらの梅でもバニリンの含有量に差はないので
効果は変わらないそうです。

 

 

梅干しの食べ方

ご飯のお供以外に梅干しを美味しく食べる方法を探すため
梅の名産地である神奈川県へ。

梅ご飯

梅干しご飯のおにぎり
ご飯1合につき梅干し1個入れて炊いて
種を取ったら混ぜ合わせておにぎりに。
梅干しがガツッと来るわけでなく
ほんのり梅の美味しさ香りがやってくるそうです。

サバの梅煮
サバの身を水・醬油・砂糖・梅干しで煮込む。
醤油は少なくて済みます。
しょっぱくなくて梅の香りが。

他にも
梅びしおのエビチリ
鶏もも肉の梅びしお焼き
梅びしおのマカロニサラダ

こんな料理にも入れるそうです。

 

梅醬油
醬油に青梅を約1ヶ月漬け込んで作る、梅のクエン酸を抽出した醬油。
チャーハンなどに使用する絶品調味料だそうです。

焼き梅
BBQの時にアルミホイルでくるんだ梅を網の上で焦げ目がつくまで焼いて
焼き肉のタレとお肉・焼き梅を一緒に食べるのが最近神奈川県で流行ってるんだそうです。
しょっぱい梅干しではなく甘いハチミツ梅のほうが美味しく出来るそうです。

 

⇒ピラミッド・ダービーで紹介されたホット梅干しダイエットについての詳しい記事

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

1週間に1~2個でも食べれば健康的になれるということなので
手軽に食べ始めるのもイイかもしれません(●^o^●)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る